平成28年6月26日(日)~7月1日(土)の期間、英国エディンバラ大学で開催された、The International Society for the Study of Time Sixteenth Triennial Conference and the 50th anniversary of the founding of the ISST. “Time’s Urgency”26 June to 2 July 2016, University of Edinburgh, Scotland UK. に日本時間学会からは、椿井真也さん(立命館大学・学振特別研究員)が参加しました。

 

国際時間学会(ISST)2016に参加して

 椿井真也(立命館大学/日本学術振興会特別研究員)

2016年6月26日から7月2日にかけて、英国エジンバラ大学にて開催された国際時間学会(ISST)2016に参加・発表する機会を得たので、この場を借りてその内容を報告したい。

日本からエジンバラへの直行便がないため、私の場合、成田からカタールのドーハを経由するエジンバラ行img_3691きとなったこともあって、現地到着日はエジンバラの街中を散策する余裕もなく、直接エジンバラ大学構内にあるゲストハウスに向かうことになった。初日夜はレセプションで学会参加者やその家族の人たちが久方ぶりの再会を祝福しあう中に、下手な英語ながら会話に参加した初対面の私を歓迎してくれて上機嫌になったこともあって、何杯ワインを飲んだか覚えていないが、ちょうど英国のEU離脱問題の渦中であったことから、この種の政治・社会問題が話題に上っていたことだけははっきりと覚えている。参加者の出身国は、英国や米国がやはり多く、次いでフランスやドイツ、スイスなどで、珍しいところでメキシコなど中南米の方々といった構成だった。日本を含めアジア諸国からの参加者は私一人だけではなかったと思われる(もっとも、アジア系の研究者もいたが、本拠地を米国においている人々だった)。シュタイネック会長に日本時間学会事務局の平田さんから預かっていた日本時間学会の活動内容がわかる学会誌など手渡しして初日は終了した。

 

翌日から5日かけて各自の発表になったが、ISSTは「時間」をテーマに様々なディスシプリンを背景とする研究者が集う学際的な学会という性格上、研究者の専攻領域やその発表内容も千差万別、哲学や文学または社会学、そして物理学や情報科学ないし計算機科学、経済学や生物学や心理学など日本でも馴染みの既存ディスシプリンの研究者が圧倒的であったが、中には米国で特に盛んになっているように思われるフィルムスタディーズの研究者も参加していた(ティータイムで話した女性研究者は、勅使河原宏や大島渚などの作品も研究対象としており、その話で結構盛り上がった)。そこで感じたことは、こうしたフィルムスタディーズの専門家だけでなく、翻訳を通じて日本の文学作品や映画などに親しんでいる欧米の学者が意外に多いということだった。中でも、日本からの唯一の参加者である私を気遣ってくださり色々お世話になったスイスのチューリッヒ大学で研究している女性研究者は、戦争や大地震などの災難を文学がどう受け止めてきたのかということをテーマに、それと「時間」の問題系を絡ませた発表をし、外国の方が日本の惨事と文学とのつながりをどのように感じとっているのか、普段では気がつかない点に蒙を開かされたりもした(そのことで色々質問もしたこともあって、特に仲が良くなり、彼女が贔屓にしている古井由吉の『仮往生伝試文』の初版本を私が持っていたので、帰国後彼女の元に送ったりもした)。                                                  発表の様子 ↓

img_3693 その他にも分析哲学の主題化された問題系を中国哲学や仏教思想との比較から論じる発表や生命科学から「時間」意識の発生を追求する研究の発表など、私の専攻である科学哲学にとって密接に関連する発表もあり、普段つながりを意識しないような発表もあり、興味を広く持っている人ならば相当楽しめた学会ではないかと思われる。特に、それぞれの発表に対して「領域侵犯」おかまいなし、遠慮会釈なく飛び交う質疑の応酬には、それが概して日本の学会にやや欠けている要素ではないかと感じてきた私にとって、新鮮であったことはもちろん、それ以上に羨望の念を持ったことも確かである。日本の学会にも良さはあるが、こういったいい意味での「遠慮のなさ」は、丁々発止やりあうオープンな場において真理を探求していく営みである学問の発展のためには必要不可欠な要素ではないかと、改めて考える契機にもなったことは確かである。

学会4日目に私の発表はあった。The Timeless Theory and Modal Realismと題する、文字通り物理学者Julian Barbourの無時間的時間論の再検討と、当該理論の様相実在論との親和性を論じ、物理学や哲学において主要な論点の一つを形成するPresentismやEternalismの対立を超克する方途を探ろうとする内容の発表であったが、発表の四分の一ほどをBarbourの研究内容を紹介することになったので、特に物理学や哲学における時間論に不案内な研究者の方々から、当日の夕方に講演が予定されていたBarbourの理論の概要がよくわかったとの反応をいただいた。

ただ残念なことに、Barbourの講演は実現しなかった。というのも、Barbourのお連れ合いの御不幸があって講演どころではなくなったからである。Barbourの理論は、私が京都大学に在籍していた頃から研究テーマの一つとして最も関心を抱き、一度社会人になってから再びアカデミズムに戻るまで一貫して論文等を追っかけ続けてきた存在だけに、Barbourに会えなかったことは残念で仕方がない。しかし、御家族の御不幸とあってはやむを得ないことである。代わりに、Barbourと共同で研究しているオックスフォード大学の研究者が急遽講演することになり、Barbourの理論の説明というより、それ以前に物理学が「時間」をどのように扱ってきたのかをニュートン力学から熱力学、相対性理論や量子力学への物理学の発展過程に沿って整理し、それを今日の宇宙論につなげる啓蒙的な内容にとどまっていたが、時々ジョークを飛ばしながらの面白い講演だったのが救いであった。

img_3867 最終日の夜は、ちょっとした晩餐とその後のダンスパーティで、皆が酒が入るたびに益々陽気になってダンスや会話を楽しみながら次回の再会を約束して、日本人の私としては「情熱的な」挨拶を交わして別れを惜しみあった。シュタイネック会長からも、日本の研究者の方々の協力によって、もっと国際色豊かで学際的な大きな学会にしていきたい、との言葉をかけられた。その他の参加者からも、もっと日本から来てほしいとの声もあった。文化的背景の異なる世界中の研究者が一堂に会する機会というのは、そう多くはない。こうした貴重な機会をもっと活用していくことで、自らの研究にとっての新たな刺激としたいという思いを強くする経験であったことは間違いない。(了)

←最終日のバンケットの様子

立冬

第五十五候 山茶始開(つばきはじめてひらく)

秋の爽やかな風や時折の小春日和を感じるうちに、暦の上では“冬”になってしまいました。

今日は立冬、そういえば北海道ではもう雪に見舞われたというニュースを見ましたが

南国沖縄ではまだ泳げる日があるとのこと、改めて日本列島の長さを実感する「今朝の冬」です。

さて、一川会長より新理事の紹介がありますのでお知らせ致します。

************************************************************************

この度、日本時間学会の役員の新体制をスタートするにあたり、

新しく3名の先生方に加わっていただくことになりました。

橋本淳一郎先生と長嶋洋一先生は企画担当、

長谷川貴之先生には編集(学会誌)の理事に就任していただきました。

先生方のご協力を得て、企画、学会誌をますます充実したものにすることを通して、

時間学会の活動を盛り上げるていければと考えております。先生方、よろしくお願いいたします!

*************************************************************************************************

 

橋元淳一郎理事(相愛大学名誉教授)

最近、大学を定年退職しました。作家と予備校講師は現役です。

これからは電子出版の時代と捉え、悪戦苦闘しながら個人出版を進めています。

時間学会の魅力は、会員の研究分野が多岐にわたり、専門に特化していないところだと思います。

微力ではありますが、三足の草鞋の経験を生かして、少しでもお手伝いが出来ればと思っています。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

長谷川貴之理事(富山高等工業専門学校)

数学を背景にして,行動科学・神経科学にまたがったフィールドで,時間知覚を対象と

した研究をしています.動物実験によりデータを得て数理モデルを使う,といった物理

学の創成期に相当するような研究をしております.

他の学会では収まり切れない学会員による広範囲なご研究のサポートが少しでもできた

ら,嬉しく思います.勉強不足ですが,どうぞ宜しくお願い申し上げます.

 

 

長嶋洋一理事(静岡文化芸術大学)

メディアアート領域で、作曲・研究・開発・教育などの活動を

進めています。メディアデザインには知覚認知の理解が不可欠

ということで基礎心理学の領域も勉強していますが、どこに

おいても常に「時間」が重要だ、と回帰してくることに驚く

日々です。

なんでもありの凄い時間学会に勉強のために参加していますが、

これまでの経験や関連領域の広さを学会のために少しでも役立てる

ことができれば、と思っています。どうぞ宜しくお願いします。

********************************************************************

新理事3名の今後の活躍に期待しています!!

日本時間学会

会員 各位

処暑 第四十候 綿柎開(わたのはなしべひらく)

「暑さが止む」という処暑。文字どおり暑さのピークは過ぎつつありますが

まだまだ日中の暑さは耐え難いものがあります。

先週は「処暑の会」に参加してきました。老若男女自慢の浴衣姿で集まり賑やかに夏の終わりを楽しみました。

リオオリンピックの日本選手の活躍やメダル獲得にも沸きましたが、

閉会式でのスーパーマリオに扮した安倍晋三首相の姿に、世界各国の友人からのSNSの反響がすごかったです。

さて、

下記の要領で時間学アフタヌーンセミナーin福岡『アンモナイトの死骸は浮くか沈むか?』を開催します。

日時:平成28年11月11日(金)14時00分~16時00分(開場:13時30分)
場所:アクロス福岡 円形ホール(福岡市中央区天神1-1-1)
講師:前田 晴良 先生(九州大学総合研究博物館・教授)
『アンモナイトの死骸は浮くか沈むか?』
「アンモナイトの死後、その遺骸が何故、どのようにして化石として保存されたのか?」という警察の鑑識の目線で行った研究に、海外調査のこぼれ話を交えてお話されます。

共催:公益財団法人 山口大学後援財団
日本時間学会
後援:福岡市教育委員会

ポスターは

アフタヌーンセミナーin福岡2016 チラシをクリック。

皆様のご参加をお待ち申し上げます!

 

IMG_0788日本時間学会

会員 各位

立秋 第三十七候 涼風至(すずかぜいたる)

毎日の暑さからはとても想像できませんが、暦の上ではもう秋の始まりです。

立秋を過ぎ、お盆を迎える頃になると熱風の中にふと秋の気配を感じるようになります。

眩しい程の太陽も日差しを和らげ、日が落ちると草むらから虫たちの涼しげな音色が聞こえます。

真夏日や熱帯夜が続き、暑さはピークですが、季節は確実に変わっていきます。

 

さて、去る8月1日(月)第1回時間学国際連携会議が京都工芸繊維大学にて開催されましたので

ご報告いたします。

 

日時:平成28年8月1日(月)14:00~17:30

会場:京都工芸繊維大学1号館3F会議室

出席者:シュタイネック・ラジ(国際時間学会(ISST)会長)

一川誠(日本時間学会会長)

藤沢健太(山口大学時間学研究所所長)

小山恵美日本時間学会理事(京都工芸繊維大学)

細井浩志日本時間学会理事(活水女子大学)

長谷川貴之日本時間学会理事(富山高専)

右田裕規(山口大学時間学研究所)

平田博子(山口大学時間学研究所)

議題:国際時間学会ISSTとの国際連携について

 

1. 小山理事によるReview 発表

 

2. 国際時間学会の活動について

 

3. 日本時間学会の活動について

 

4. 山口大学時間学研究所の活動について

 

5. 今後の国際連携について

 

会議の報告書はこちら→完成版 第1回時間学国際連携会議 報告書 

 

 

日本時間学会会員

各位

大暑 第三十五候 土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)

梅雨明けしたかと思いきや、地面からは陽炎が立ち上り土いきれで吸う息も熱く感じられ、この暑さをやり過ごすために、暑気払いをしたり、行水や打ち水をして涼しさを演出しますが、木や草花はますます緑を濃くし、枝葉を伸ばして夏を謳歌するかのようです。田畑では太陽の恵みを受けた作物が実りの秋に向け育っています。

さて、

生物リズム若手研究会から表記案内がありましたので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

8/2 何と学生の参加費(宿泊代・食費込)が7千円から千円に大幅に値引きされました!!

学生のみなさん、遠慮なくお問い合わせください!!生物学以外の専門分野の学生さんも

大歓迎だそうです!!

*******************************************************************************************************************

日本時間学会 会員のみなさま

 

9月3-4日に山口県湯田温泉で開催される生物リズム若手研究者の集いのご案内いたします。

https://sites.google.com/site/chronobio2016/

 

講師として多岐にわたる豪華な方々にご講演予定です。

発表要旨はこちら:https://sites.google.com/site/chronobio2016/speakers

 

石川 麻乃 先生 「トゲウオ科魚類イトヨにおける季節性繁殖の多様性とその遺伝基盤」

今吉 格 先生  「神経幹細胞の増殖と運命決定の光操作」

千葉 喜彦 先生 「時間の絵画表現」 (時間生物学会初代会長)

富岡 憲治 先生 「大学での研究生活を振り返る」(専門は昆虫の概日時計)

松尾 拓哉 先生 「緑藻クラミドモナスの概日時計」

三浦 岳 先生  「血管網形成の数理モデルと実験的検証」

山口 良文 先生 「冬眠する哺乳類に学ぶ代謝制御〜冬眠するための準備とは?」

 

この集いでは異分野交流を目指していますので、リズム研究者でなくとも興味のある方がいればお誘いいただければ幸いです。

 

今年は多くの講師が会場に宿泊されるため、懇親会でゆっくりと議論することも出来ます。

また、日本時間生物学会の初代会長である千葉 喜彦 先生にも講演を快諾いただきました。

山口以外で千葉先生の講演を聞くことは難しいと思いますので、本当に貴重な機会だと思います。

 

参加費は、協賛金や助成金を頂いているため、宿泊費と食費込みで学生7000円 一般10,000円と低く設定しております。宿泊場や、食事の手配などで、早めに人数を確定する必要がありますので、参加をお考えの方は、締切までの登録をお願い致します。

 

登録はこちらのページからお願いします。

https://sites.google.com/site/chronobio2016/registration

参加締切(7/31)が今週末となっております。

締切は8月7日まで延長されました!

世話人一同、活気ある研究会を目指しております。

みなさまのご協力をお願い致します。

 

————————–
生物リズム若手研究者の集い2016 世話人

  • 板木 大知 (早稲田大学)
  • 遠藤 求  (京都大学)
  • 楠瀬 直喜 (大分大学)
  • 小林 久美子(京都大学)
  • 村中 智明 (名古屋大学)
  • 吉田 雄介 (エーセル株式会社)
  • 佐藤 美穂 (山口大学)

********************************************************************************************************************

〈連絡先〉

753-8511 山口県山口市吉田1677-1 山口大学時間学研究所

総合研究棟706号 時間生物学研究室

助教(特命) 佐藤美穂

Mail: mihosato@yamaguchi-u.ac.jp

Tel&Fax: 083-933-5901

http://www.akashi.rits.yamaguchi-u.ac.jp/index.html

 

 

会長就任にあたって 一川誠

6月11日,12日に京都工業繊維大学で開催された第8回大会中の理事会で会長に推挙され,総会で承認されました.学会立ち上げから8年にわたって活動を引っ張ってこられた辻正二初代会長の後を受け,二代目の会長を務めることになりました.今後4年間,辻先生の築かれた土台の上で,日本時間学会と会員の皆さんの時間学関連の研究を発展させられるよう努力してまいります.

これまで理事として8年間,日本時間学会の活動を見てきましたが,本学会には,学際的な研究分野としての独自の可能性があるのと同時に,難しさもあるように感じております.会長としての任期中は,学際的領域の学会としての強みをさらに強め,弱いところがあれば,新企画のアイデアなどで補っていければと考えております.

学際分野の学会としての強みに関しては,特に毎年の大会において,幅広い分野での時間に関わる研究の動向を知ることができます.これは,私自身,研究者としての視野を広げる上でも,とても貴重な機会であると感じております.これからも,本学会に接することで,会員の皆様が時間に関する多様な研究分野の動向や最新情報を知ることができる場にしたいと考えています.

その一方で,時間学会の問題として,大会における個別の領域での議論を深めることが難しい点を挙げることができると思います.大会での限られた時間の中で,多くの分野の研究者が発表することになるため,個別の分野での議論に使える時間が短くなるのは仕方ないことではあります.しかしながら,特に,若手の参加者からは,この点に関する不満を聞くことが何度かありました.理事の先生方とも相談し,何か対策を考えたいと思っております.

この問題に関しては,大会における一般発表ではなく,大会における公開シンポジウムや,大会外でのフォーラムやシンポジウムなどの特別企画を通して対応していけるのではないかと考えております.また,その他にも,それぞれの専門分野における研究関連施設の見学・研修などの特別企画なども実施し,各領域における最先端の研究状況を,他の領域の研究者にも触れられる機会を作ることが出来ればと考えております.

また,本学会の重要な課題として,学会員を増やす必要があります.現在の会員数は160人ほどということですが,安定した学会活動のために,会員数をもっと増やしたいと考えています.そのためにも,まずは,学会やその活動を魅力的なものにする必要があります.たとえば,国際時間学会との協力体制の構築や,学会誌『時間学研究』の充実なども図りたいと考えております.

先日の大会の折,何人かの理事の先生方とのやり取りの中で,学会のロゴやシンボルマークなどについてデザインコンペなど開催してはどうかという話が出ました.確かに,本学会には,まだロゴやシンボルマークのようなものがありません.学会ロゴやシンボルマークのデザインコンペなどの企画を開催すれば,デザインやアート分野の会員を増やすことにもつながるかもしれません.是非実現したい企画です.また,学会の企画について,会員の皆様からもいろいろとアイデアをいただきたいと考えております.

今回の大会では,橋本淳一郎先生,長谷川貴之先生,長嶋洋一先生にも新たに理事に就任していただきました.新理事を含めた理事の先生方の助けも借りて,日本時間学会および時間学研究を盛り上げていきたいと考えております.会員の皆様,よろしくお願いいたします.

会員各位

夏至 第二十九候 菖蒲華(あやめはなさく)

季節は早くも夏至を迎え、一年でいちばん昼が長く、夜が短くなる時期です。

そろそろ水辺に菖蒲の花が美しく咲く季節です。

六月の晦日(みそか)は十二月の大晦日に対応する「大祓」の日。

この日は各地で穢れや厄災を祓う「夏越の祓」の神事が行われます。

 

さて、平成28年度日本時間学会第8回大会(京都大会)に於きまして

新会長に一川誠先生(千葉大学)が選出されましたのでお知らせ致します。

総会にて就任挨拶をする一川会長 ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一川新会長の会長就任あいさつは準備出来次第HPに掲載予定です。

また、理事の改選に伴い新役員のメンバー構成についても順次お知らせいたします。

日本時間学会事務局  平田

 

 

日本時間学会 会員 各位

日本時間学会第8回大会は無事に閉会致しました。

ご参加の皆様、大変お疲れ様でした。

また、大会実行委員長の京都工芸繊維大学の小山恵美理事、大変お世話になりました。

事務局として心より御礼申し上げます。

初めての関西地区の開催ということもあって緊張致しましたが、

遠方よりたくさんの方に参加していただき本当にありがとうございました。

特に今年は、新会員の19名のうち、15名の新入会員が駆けつけ、

総会時の紹介では、直接それぞれの研究分野や学会に期待することなどをお聞きする機会を持てました。

また、学会員以外の方も多く参加されたり、最前列には熱心に聴講する若い女性研究者が並ぶなど、

例年とも違った雰囲気の大会でした。

ご参加の会員様、開催にご尽力いただいた関係各位に心より御礼を申しあげます。

今後ともご指導ご鞭撻のほどどうぞ宜しくお願い致します。

日本時間学会事務局

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

日本時間学会会員各位

小満 第二十二候 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

日ごとに上昇する気温に合わせ、万物の成長が著しい時期です。

麦は大きく穂を実らせ、草木の緑はくっきりと色濃くなり、

あらゆる生命が天地に満ち始めるという意味だそうです。

 

さて、今年の大会の一般演題のタイム・テーブルを発表します。

今年も様々なアプローチから「時間学」研究が発表されます。

ご期待ください!

一般演題 発表タイムテーブルH28xlsx

2016年6月11日(土)、山口大学時間学研究所との共催で公開学術シンポジウム
「紛争後社会の再生と記憶」
を開催いたします。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

期日:2016年6月11日15時より17時(開場14:30)
会場:京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス東部構内60周年記念館1F 記念ホール
基調講演「過去に触れつつ遠ざける: 移行期正義における記憶表象」:阿部利洋先生(大谷大学文学部・教授)
コメント:福間良明先生(立命館大学産業社会学部・教授)

企画趣旨:
苛烈な紛争を経た社会では一般に、紛争時の出来事(とりわけ犠牲者・加害者たちに関連した出来事)にまつわる記憶を膨大な量で収集・記録化する、ある種の歴史学的なプロジェクトが進められる。国際機関、国家、司法、メディア、民間団体など、さまざまな主体によって「あの紛争でいったい何が起こったのか」についての証言=記憶が人びとから引き出され社会に向けてひろく開示・伝達される。紛争後(戦後)社会に共通してあらわれるこの種の運動は、どのような社会的条件に枠づけられつつ、どのような形式で進められるのか。過去の〈真実〉を探り出そうとするこうした試みは、紛争後の混沌的状況におかれた社会や個人が秩序と日常を取り戻す上でどのような意義や作用を含んでいるか。また、紛争についての異なる〈真実〉が競合・錯綜する状況には、当該社会の再生にとってどのような正負の可能性が認められるか。このシンポジウムでは、南アフリカなど冷戦後の紛争後社会での特徴的な取り組みから、こうした問いについてかんがえる。それらは、現代日本を生きる人びとに対してもきわめて現在的な意味を含んだ問いとなるはずである。