日本時間学会会員各位

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
会員各位に於かれましては、学会総会に多数のご参加を賜り誠にありがとうございました。

本日が総会の最終日となっております。
つきましてはまだ決議書をご送付いただいていない各位には
お手数ではございますが、総会資料をご参照の上決議書にご記入いただき、本日中に学会事務局宛にご返送賜りましたら大変有り難く存じます。
ご多忙のところ申し訳ありませんが、何とぞご協力を賜りますようお願い申し上げます。

謹白

日本時間学会事務局

夏至 第三十一候 半夏生(はんげしょうず)

夏至から数えて11日目を半夏生といい、かつては、農作業の大事な節目で、田植えもこの日までに終わらせていたようです。そういえばいつの間にか、水を張った田んぼのなかで、苗が美しく育ってきています。

さて、学会理事の植村恒一郎先生から、珠玉のエッセイを頂きましたのでご披露致します。

 

***********************************************************

デジタルネイチャーが我々の生きる時・空を変える

植村恒一郎 (日本時間学会理事、哲学)

 

アリストテレスによれば、この世界に実在するのは運動と変化であり、時間や空間は、そこから抽象された関係性に過ぎない。まず時間や空間があり、その中に運動や変化が存在するわけではないのだ。私という存在も、まずは身体の運動や変化として存在するだろう。たとえば私は、コロナ禍のために、演劇やオペラの上演がすべて中止になってしまい、大学の授業もZoomなので、何か月もほとんど自宅にいる。つまり、移動がなくなり、人と会うことが減ってしまった。このことは、他者との距離感と、過ぎていく時間の感覚とをいくらか変えたように思う。その中心にあるのは、他者と「繋がる」感じだが、それがどう変わったのか、今一つ分らない。そんなとき、落合陽一『働き方5.0』(小学館新書、6月8日刊)を読んだ。32才の若者がこんな凄い本を書くとは、と驚いたのだが、本書は、コンピューターとインターネットが我々の社会と一人一人の生き方をどう変えるか、について論じている。内容は哲学的で、幸福に生きるとはどういうことかという観点から、人間とシステムの関係を考察している点が優れている。本書は、ほぼ次のような内容である。

 

著者は、コンピュータやインターネットはもはや道具ではなく、我々の身体の一部になったという。ヒトは、植物や動物を食べて生きている生物であり、どこまでも自然の一部である。それに対して、「道具」は、人工物であり、それ自身は生命を持っていない非-自然である。これが、従来の普通の自然観である。しかし、コンピュータは人工知能として人間の脳よりも優れた活動を行うようになり、ネットは、たとえばツイッターが、声を出して「つぶやく」代りになり、メールが手書きの手紙の代りになり、インスタグラムは自分の目に見える光景=映像を瞬時に他者と共有させる。つまり、コンピュータを含むインターネットは、第二の脳、第二の声、第二の手、第二の眼として、我々の身体能力の拡張であり、身体の一部になった。これがデジタルネイチャー(=デジタルを含む第二の自然)である。デジタルネイチャーの成立は、我々の生き方そのものを大きく変える。大学には直接行かなくても、遠隔授業が代替し、会社の仕事の一部はテレワークで処理できる。医者の診断もAIの方が正確であり、囲碁も将棋も人間よりもAIの方が強い。人と人を繋ぐコミュニケーションはメディア(=媒介)と言われるが、かつては、本、新聞、電話、ラジオ、TV、CD、DVDと、内容をそこに載せて相手に届ける「プラットフォーム」がすべて別々だった。だが今は、スマホというたった一つのプラットフォームですべてのコンテンツが相手に届く。本、新聞、電話、ラジオ、TV、CD、DVDといった「道具」は、今後は不要になる。著者は人と人を繋ぐ媒介物とその働きを「システム」と呼ぶ。そして、今は生身の人間が行っているシステムはすべてコンピュータとインターネットによって代替されるだろうという。なぜならその方がコストパフォーマンスがよいからだ。具体的には、ホワイトカラーと呼ばれている人々の仕事はなくなる。では、これは困ったことなのか? いや、そうではない、と著者は言う。人間にしかできないことを人間がやればよいのだ。それは、一部の肉体労働、そしてシステムでは代替できない知識労働である。それは、システムを機能させるためのモティベーションを与えることである。システムとは、人間に幸福をもたらすために存在する。そして、我々が人生で何が幸福であるかは、一人一人みな違う。とすれば、システムを動かすためのさまざまなモティベーションも、人間の数だけ多くあるはずだ。そのモティベーションを発見すること、つまり何をすることが自分にとって幸せなのかを、一人一人が見極めること。これができるのが、これからの知的エリートであり、それはつまり「オタク」ということだ。

 

以上から私がいちばん衝撃を受けたのは、デジタルネイチャーという考え方である。コンピュータもインターネットも、私は「道具」だと思っていた。道具とは、身体の外部にあるが、身体の能力を拡張するものであり、その意味では身体の延長である。だが、AIが人間の脳以上に思考できるとすれば、それは身体の外部にある道具というよりも、脳の機能そのものの拡張、つまり身体の内部にある脳が拡張すると見なすべきだ。口でつぶやくよりもツイッターで「つぶやく」方が、より多くの人に自分のつぶやきが聞こえる。目で見える光景=映像は、通常は自分一人のものだが、インスタグラムによって瞬時に、他人の目の位置に自分の目が重なり、視点が切り替わる。つまり口も目も、自分の身体が置かれた時空的制限を超えることによって、その機能が拡張する。このようにしてインターネットは身体の一部になった。こうしたことが可能になるのは、たとえば●○●●●○●○●●○というデジタルは、物質の性質であると同時に情報でもあるからだ。そもそも人間の神経細胞の情報伝達は、インパルスを出す/出さないという二値性からなり、デジタルなコンピュータと親和的である。デジタル物質であると同時に情報でもあるコンピュータやインターネットが身体の一部だとすると、我々は、これまでの生物/無生物からなる「自然」という概念を改めなければならない。

 

人工知能におけるディープラーニングは、人間とは比較にならないくらい大規模な帰納を行っている。囲碁や将棋の名人戦クラスの高レベルの何百万回もの対戦が、わずか数時間のシミュレーションで、その棋譜が出来てしまう。とすれば、ある局面で、勝ちに結びつく確率の最も高い「最善手」が、人間よりずっと確かに可能になるわけだから、人間より強いわけだ。人間にはできない膨大な数の「経験」をコンピュータはすることができるから、それは、人間の身体が置かれている時空的制限を大幅に超越することを意味している。このように、脳の一部となったコンピュータ、口や目や耳の一部となったインターネットによって、我々のデジタルネイチャーとしての身体は、時空の在り方を変えてしまう。

 

身体が運動し変化することは、普通の言葉に直せば「生きる」「生活する」ということである。つまり、デジタルネイチャーとなった身体は、もははそれまでと違った「生き方」をすることになるだろう。考察をここまで進めたときに初めて、人間の「行為」「道具」「(社会)システム」などの意味を問い返す必要が生じる。そもそも、「行為」とは何らかの「よさ」をもたらすための身体の動作である。たとえば「食べる」という基本的行為は、空腹という苦痛を解消し、「ああ、おいしかった」「満足だ」などの「快」という「よさ」をもたらす。その「行為」をより効果的に遂行するための補助装置が、道具、そしてさまざまな社会システムである。とすれば結局、我々が「生きる」ことの核にあるのは、何らかの「よさ」をもたらす行為を行うことである。では、この「よさ」とは結局何なのだろうか? それはアリストテレスも言うように「幸福」であろう。つまり、人間が生きることは、「幸福」を得られるように行為するということである。そしてそれは、行為そのものが喜びであることによって、もっとも容易に達成できる。

 

落合陽一は、これからの知的労働は「アート」になり、東大や京大を卒業するような偏差値秀才は、もはや知的エリートたりえないと言う。そして、これからの知的エリートは、行為そのものが喜びであるような人間、つまり「オタク」でなければならない、と。これは唐突なように見えるけれど、「生きる」ことの本質に対する正しい洞察にもとづく結論であるように思われる。

 

植村恒一郎

【うえむらつねいちろう】

哲学研究者、群馬県立女子大学名誉教授。
1951年東京生まれ。1975年東京大学教養学部科学史科学哲学分科卒業、81年同大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程満期退学、1984年群馬県立女子大学専任講師、助教授、99年教授。2016年定年退任、名誉教授。2003年『時間の本性』で和辻哲郎文化賞受賞。専攻は西洋近代哲学、中でも認識論、時間論。2008年より、日本時間学会設立メンバー・理事。

夏至 第二十九候 菖蒲華(あやめはなさく)

梅雨の中休みの、6月の爽やかな素晴らしいお天気から一転し、いよいよ纏まった雨が降り始めました。大きな葉に水滴を溜めた紫陽花、水辺の菖蒲、この時期の花も美しいですね。

さて、学会長の一川誠先生から、新聞記事掲載のご報告がありましたのでお知らせいたします。

*******************************************************

6月26日発行の朝日新聞朝刊オピニオン欄に、インタビュー記事が掲載されます。
心理学からわかる個人的時間と社会的時間の関係から夏休みの意味について解説します。

是非、ご高覧ください。

*************************************************

DSC_3282

日本時間学会会員の皆様:

 

総会のご案内

日頃より,日本時間学会の活動にご理解をいただきまして,ありがとうございます.

先日,お伝えしておりましたように,2020年6月12日から14日の期間で開催予定であった日本時間学会2020年度大会は,

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)への対応により,会場に参集して開催することが困難となってしまいました.

会員の皆様には,大会参加を楽しみにしておられた方も多かったと思いますので,このような事態になったことをとても残念に感じています.

今年度の大会では参集できないことになってしまいましたが,学会規定上,会員の皆様に参加していただく形で,

総会を今年度中に開催し,学会運営についての方針などを決める必要があります.

ただし,まだ新型コロナウィルス感染症が完全に収束していない現状で,

今年度中に総会のためにどこかで集会を企画することは困難と思います.

 

そのため,全会員が参加しやすいように,メール審議の形で,総会を開催し,

そこで会員の皆様に各議案に対する可否の判断や,学会運営に対するご希望などについてお伺いしたいと考えております.

 

つきましては,629日(月)に、総会の議事等に関する資料および決議書を一斉メールでお送りしますので,

下記の期間中に,決議書フォーマットにより,

議事のそれぞれの項目に対する諾否,学会運営に対するご希望等を記入の上,学会事務局までご返信ください.

 

 日本時間学会2020年度総会メール審議期間:629日〜76

 

なるべく多くの会員に参加していただけるよう,少し長めの期間を設けております.

会員の皆様には,是非総会に参加していただき,大会運営に関してご意見をお知らせいただけますようお願い申し上げます.

 

なお,最後に,今年度の大会の成立と一般発表の扱いについても会員の皆様に説明させていただきたいと思います.

 

今回のような緊急事態への日本時間学会の対応策を理事会で作成し,

「災害等による大会,総会,および理事会中止に関する申し合わせ」として,今回の議事資料として配布させていただきました.

今後,今回のような緊急事態が生じて,大会等の運営に影響が出た場合,この申し合わせに対応して対応することになると思います.

うした状況を踏まえ,議決にご参加ください.

この申し合わせの「1-1(大会の成立と行事の中止)」により,

今年度の大会は「大会は成立したものとした上で、全ての大会行事を中止」したことになります.この点,ご了承いただければと思います.

また,申し合わせの「1-2(研究発表)」では,大会行事を中止とした場合も,

「予定されていた研究発表は発表されたものとして取り扱われる」となっています.

しかしながら,今年度の大会を開催しないことを理事会が決めたのが発表申し込み期間を20日近く残していた時期で,

発表要旨を提出した方はまだおられませんでした.

そのため,今年度の一般発表に関しては,発表がなかったものとして対応することにいたしました.

会員の皆様には,このような対応になったことについてもご了承いただければと思います.

また,研究発表を予定されていた方々には、学会誌の発表機会をご活用いただければと思います.

 

メール審議の総会に関しては,メールによる返信が正会員現在数の3分の1に達しないと成立いたしません.

お忙しい時期とは思いますが,629日~76日の間に、学会アドレス mail@timestudies.net

へ返信の形で総会にご参加いただくようお願い申し上げます.

 

日本時間学会会長 一川誠

日本時間学会が開催協力をした国立科学博物館等主催の【『時』展覧会】が下記のとおり開催中です。

【時の記念日100周年企画展『時』展覧会2020】
開催期間:2020年6月5日(金)~7月12日(日)
開催場所:国立科学博物館(東京・上野)
日本館地下1階多目的室、地球館2階常設展示「科学技術の過去・現在・未来」リンクスペース
入 館 料:一般・大学生630円
高校生以下および65歳以上無料
※常設展示入館料のみでご覧いただけます。

チラシはこちらから   →  time2020
国立科学博物館ホームページ:https://www.kahaku.go.jp/index.php

 

日本時間学会会員の皆様:

 

日頃より,日本時間学会の活動にご理解をいただきまして,ありがとうございます.

2020年6月12日から14日までの予定で,日本時間学会の2020年度大会の開催を予定しておりましたが,新型コロナウィルス感染症(COVID-19)拡大防止への対応から,大会を予定通りに開催することが困難になってしまいました.会員の皆様には,我々の学会活動にご協力いただき,また, 活水学院様にも, 大会の会場利用を許可していただいておりましたのに,こうした事態になってしまい,とても残念に感じております.

2020年度大会の開催は困難となりましたが,次回大会は,来年度の6月に,活水女子大学において,改めて,日本時間学会の大会を開催する方針で準備を進めております.来年度大会に関しては,詳細が決まりましたらおしらせします.

また,理事の間で, 持ち回りでメール審議を行い,このような状況が起こった際の対応について「申し合わせ事項」を作成しました.

今年度の総会については,その申し合わせ事項に従い,以下のような方針で開催したいと考えております.

 

(1)大会時の総会の招集が中止された場合には、総会議案を各会員宛にメール等にて送付し、各議案に対する可否を求め、会員からの返信が正会員現在数の3分の1に達した場合に、総会は成立したものとみなす.

(2)各審議事項の可否は返信総数の半分以上の賛成があれば可決されたものとする.

(3) 上記方式で総会を開催する場合には、原則として、会則の変更ならびに会員の除名は審議事項としない.

(4) 可否同数のときに議事を決する議長は、大会実行委員長とする.

(5) 理事会提出の決算及び予算(案)が否決された場合は、適当な機会に改めて総会を開いて修正したものを提出する.

 

本来,総会に関する取り決めについては,通常の総会で了承されて以降に,その段取りにしたがって実施するのが望ましいと思います.今回は,事前にこのような取り決めをしておりませんでしたので,非常事態への対応として,止むを得ず,このような方針で対応することとなりました.会員の皆様にはご寛恕いただけるとありがたいです.この件に関してご意見,ご要望などありましたら,今年度や来年度以降の総会などで伺いたいと考えております.

申し合わせ事項は,以下をクリック↓

災害等による大会,総会,および理事会中止に関する申し合わせ

 

なお、総会に関しては,準備が整いましたら,改めて会員メーリングリストや学会HPなどでアナウンスいたしますので,ご参加をお願いいたします.

日本時間学会会長 一川誠

学会員および関係 各位

平素より, 学会活動にご理解, ご協力を頂きましてありがとうございます.

ご存知の通り,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対策により,多くの人が集まる学会や研究集会などのイベントの開催が困難となっております.この状況を鑑み,本年度の大会の開催に関して,学会役員の間で慎重に検討を重ねてまいりました.

その結果,大会を予定通りに開催した場合の学会員とその周辺における感染リスクや,社会的負担を考慮し,今年の大会および大会時の総会については,残念ながら開催しないことを決定致しました.

今年度の総会をどのように実施するのか, 学会発表に代わる研究報告発表方法をどうするのか等, 詳細につきましては,引き続き検討しているところです.決まり次第,学会のHPや会員メーリングリストでお知らせ致します.

以上よろしくお願い申し上げます.

2020年4月15日    日本時間学会理事会

2020年度全国大会 新型コロナウイルス感染拡大への対応

2020年度長崎大会は現時点では6月に開催の予定ですが、新型コロナウイルスによる影響については状況を確認しながら適切に判断を行っていきます。

ホームページ等にて随時ご確認ください。        学会事務局

啓蟄 第八候 桃始咲(ももはじめてさく)

艶やかな桃の花が咲くころを迎えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、長崎大会のキーノートレクチャーの要旨が実行委員長の細井浩志先生から提出されましたのでお知らせ致します。

なお、細井先生のご発表は日本語で行われ、PPTは英語併記となります。

*******************************************************

キーノートレクチャー2020 長崎大会

発表者:細井浩志(日本時間学会理事・活水女子大学教授)

タイトル:長崎よりみる暦と宇宙観

日本は、大陸・朝鮮半島より多くの文化を受容したが、長崎県域は、古代より、その重要な窓口であった。肥前(長崎・佐賀県)出身の天台僧日延(にちえん)は、10世紀に大陸に渡り、符天(ふてん)暦(れき)法を学んできた。これによって西アジア起源の占星術である宿曜(すくよう)道(どう)は、人々の運命を占うことができるようになり、日本で仏教占星術として流行した。中世の日本の思想界では、この仏教由来の宇宙観と中国由来の宇宙観が対立したが、16世紀に、キリスト教によって、西洋の宇宙論がもたらされるという事件が起こる。これにより仏教的宇宙観は打撃を受けたが、キリスト教は江戸幕府に弾圧されると同時に、その宇宙観は儒教や神道によってキリスト教色が除かれ、地球説だけが取り込まれた。そのひとつの舞台が長崎であった。海外との交流が厳しく規制された江戸時代に、長崎の街は海外の文化が入ってくる場所であり、西洋の新しい天文学や地動説もまた長崎からもたらされたのである。

経歴

1994年九州大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。1994-1997年九州大学文学部助手、1997-2017年 活水女子大学文学部講師・助教授・教授、2018現在 活水女子大学国際文化学部教授。大東文化大学東洋研究所兼任研究員、国立歴史民俗博物館共同研究員。専門は日本史学、特に古代中世文化史。主要研究テーマは六国史、陰陽道、長崎地域史。日本道教学会理事、日本時間学会理事。長崎学ネットワーク会議理事、日本カレンダー暦文化振興協会理事。

 

************************************************

Keynote lecture 2020 N agasaki

by Hiroshi HOSOI  (Professor in Kwassui Women’s University’s Faculty of International Cultural Studies)

Title:  Calendrical Systems and Conceptions of the Universe, and Their Connections to Nagasaki

Abstract:

Japan received so much in terms of culture from the mainland and from the Korean peninsula, but from ancient times it’s been the region of Nagasaki that has been the important window for receiving all those things. Nichien (dates of birth and death unkown), a Tendai monk from Hizen (present day Nagasaki and Saga prefectures) went to the mainland in the 10th century CE and studied the Futen calendar system (futen reki-hō). These studies led to Sukuyō-dō, which was a method of astrology-based divination originating in west Asia. Sukuyō-dō was able to predict people’s destinies and thus became a popular type of Buddhist astrology-divination in Japan. Later, from the standpoint of the Japanese world view in the medieval period, this type of Buddhist outlook of the universe and the Chinese outlook on the universe were at odds with each other, but in the 16th century another issue occurred that was brought about by Western cosmology introduced by Christianity. Western cosmology challenged the Buddhist outlook of the universe. But while the Edo shogunate suppressed Christianity, they adopted an outlook of the universe that retained the Western idea of a spherical earth, but were sure to erase traces of Christianity’s influence in favor of Confucianism and Shintō views. The stage for these developments was set in Nagasaki. In the Edo period, as restrictions against interactions with the West became stricter, Nagasaki served as a source of new Western ideas like astronomy and Copernicus’ heliocentric theory since there were places in Nagasaki where overseas culture could be found.

 

 

Profile:

In 1994 Professor Hosoi completed his PhD in Literature from Kyushu University’s Literary Studies department. From 1994 to 1997 he was a teaching assistant in Kyushu University’s Faculty of Literature; and from 1997 to 2017 rose through the ranks of Lecturer, Assistant Professor, and Professor in Kwassui Women’s University’s Faculty of Literature. From 2018 he has been a Professor in Kwassui Women’s University’s Faculty of International Cultural Studies. He also holds research positions at the Institute for Oriental Studies at Daito Bunka University in Tokyo and the National Museum of Japanese History. His specialties include Japanese history, particularly ancient and medieval cultural history. Major themes in his work include the Rikkokushi (Japan’s Six National Histories), Onmyō-dō, and Nagasaki’s regional history. He is board member of the Japan Taoist Studies Association, the Japanese Society for Time Studies, the Nagasaki Studies Network, and the Japan Association for Calendars and Cultural Promotion.

雨水 第五候 霞始たなびく(かすみはじめてたなびく)

 

暖冬の雛祭りの季節を迎えました。

新型コロナウイルスの報道に対しては、連日推移を見守っておりますが

現在のところ、事務局としては大会開催に向け、粛々と準備を進めております。

 

さて、第12回大会のCFPについてお知らせいたします。

 

         —第12回大会(長崎) 学会発表演題募集—

 

会期:2020年6月12日(金)13日(土)14日(日)

会場:活水女子大学(長崎市東山手町1-50)

 

口頭発表およびポスター発表

エントリー締め切り   :2020年4月20日(月)

アブストラクト提出期限 :2020年5月11日(月)

書式 については、HP上の「発表申込」をご参照ください。

 

なお、今大会には、ISST理事メンバーの参加がありますので、

英語での発表が可能な場合はお申し出ください。

また、日本語での発表で、PPTを英語併記出来る場合もお知らせ頂くと幸いです。

ご不明な点は、ご遠慮なくお問合せください。

多くの皆さまのご参加を期待しています!

学会事務局