【セイコーミュージアム銀座の移転オープンおめでとうございます!】

さて、この度は、セイコーミュージアム銀座の移転が完了し、銀座4丁目のセイコー並木通りビルに、晴れてオープンされる運びとのお知らせを頂戴致しました。

 関係者の皆様に於かれましては、開館までには多くのご苦労があったことと、拝察申し上げます。

 今回の移転オープンを機に、セイコーミュージアム銀座が、新しい銀座のシンボルとして、ますます発展されますことを、こころより祈念しております。

 なお、新型コロナウイルス感染防止対策のため、ご来館には事前予約が必要とのことです。

 詳しくは、セイコーミュージアム銀座のHPをご参照ください。

 https://museum.seiko.co.jp/

 

大暑 第三十六候 大雨時行(たいうときどきにふる)

例年より遅い梅雨明けの途端、各地で猛烈な暑さが記録されています。古より日本人にとっては夏の楽しみだった、夏祭りや花火大会も中止となっています。日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけ、人との距離を取ることで、自身のみならず、家族や友人、隣人の命を守ることに繋がるそうですが、大切な人との、こころの距離は取らないようにしたいですね。

さて、会員の椿光之助先生(台湾・玄奘大學)より、活動報告が提出されましたので、皆様にご披露させて頂きます。

 

**********************************************

玉 虫 厨 子

 

玄奘大學 應用日語學系 助理教授

椿 光之助(つばき みつのすけ)

 

本稿では、自己紹介の後、玉虫厨子についての文章を書こうと思ったエピソードをご紹介したいと思います。

私が玉虫厨子の存在を知ったのは、おそらく、山口大学教育学部附属山口中学校に在学していた頃ではないかと思います。その頃は、ベルリンの壁の崩壊、ソビエト連邦の崩壊などがありました。玉虫厨子と聞いて、「殺生を禁ずる仏教の道具でありながら、なぜ、昆虫のタマムシを材料に使ったのか」ということが特に不思議に思えて、友人と「変だね」と話した記憶があります。

以下全文はこちらをクリック ↓

 最終原稿 玉虫厨子(椿)

 

写真 ↓  防府天満宮のアマビエ

DSC_3565

 

小暑 第三十三候 鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)

春に孵化した雛は、この時期に巣立ちのために、飛び方を覚えたり、狩りの仕方を学び、独り立ちの準備をするようです。梅雨明けの青空に、大きく輪を描く鷹の姿を発見したいですね。

さて、お陰様で2020年度総会は無事に終了致しました。

ご協力ありがとうございました。

 

*********************************************

日本時間学会 会員各位

2020629日~76日までに開催されました、今年度総会(メール審議)への ご協力を感謝申し上げます。

現在の会員数のうち、
回答期間内の有効回答数は、54.8%の回答数となり、総会開催の要件を満たしました。
また、決議表の提案には全ての項目で(諾)の回答が得られましたので 、申し添えます。

その他、学会の運営に関する要望として、
・会員同士のコミュニケーションの場を提供して欲しい
・情報提供などの頻度を増やしてほしい
との貴重なご意見を頂戴しております。

現在、企画担当理事でも検討を始めたところではありますが、
会員の皆様からの、忌憚のないご提案等を頂ければ幸いです。

お気軽にご意見をお寄せください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

学会事務局

 

日本時間学会会員各位

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
会員各位に於かれましては、学会総会に多数のご参加を賜り誠にありがとうございました。

本日が総会の最終日となっております。
つきましてはまだ決議書をご送付いただいていない各位には
お手数ではございますが、総会資料をご参照の上決議書にご記入いただき、本日中に学会事務局宛にご返送賜りましたら大変有り難く存じます。
ご多忙のところ申し訳ありませんが、何とぞご協力を賜りますようお願い申し上げます。

謹白

日本時間学会事務局