【時間学国際セミナー】

去る平成27年12月18日(金)、山口大学吉田キャンパス総合研究棟・フォーラムスペースにて、時間学国際セミナー「眠りの時間学」が開催されました。同セミナーは翌日の時間学国際シンポジウム「眠りの時間学」と連動したもので、5名の研究者による研究報告が行われました。「日本社会の眠り」を共通テーマとしつつ、各報告者の専攻にそった報告を行うというスタイルの研究集会で、およそ30名の研究者が学内外から参集しました。

甲斐昌一時間学研究所所長による開会挨拶の後、森下徹教授(山口大学)による司OLYMPUS DIGITAL CAMERA会進行のもと、次の順序で会は進められました。

まず、平安朝前後から近世にいたる睡眠習慣の推移を論じた報告「早寝、早起き、朝ごはん」(ブリギッテ・シテーガ准教授・ケンブリッジ大学)。戦国時代から江戸期にかけての神道家の日記を手がかりとして、前近代日本社会での睡眠・夢にまつわる表象ないし実践の特徴群を把捉した報告「『兼見卿記』と『梵舜日記』における夢と時間」(エリザベス・ケニー准教授・関西外国語大学)。「幸若舞」のテクスト分析から室町時代前後の人びとの時間経験の階層的・地域的多様性を考察した「幸若舞に基づく室町時代における百姓の「眠り」の習慣と思考の分析」(ベン・グラフストロム助教・秋田大学)。テクスト群の詳細な解読から、漱石文学における「眠り」のモティーフの諸類型とその文学論(史)的布置について、世紀転換期の学知的・思想史的趨勢と関連づけつつ剔抉した「夏目漱石文学における眠り:夢・感覚・無意識」(エムデ・フランツ教授・山口大学)。そして最後に、平安期の文学作品に見られる「夢告」という場面から古代人たちにとって外的世界との心的接触の契機として〈夢〉が経験され現象していたことを精緻に跡づけた報告「平安文学における夢告と遊離魂」(森野正弘准教授・山口大学)が行われました。各報告後の質疑応答では活発かつ専門的な議論が交わされ、学術的にきわめて実のあるセミナーとなりました。

 

【時間学国際シンポジウム2015「世界が認めたニッポンの居眠り」】

平成27年12月19日(土)、山口大学人文学部大講義室にて、山口大学時間学研究所との共催で時間学国際シンポジウム「眠りの時間学」を開催しました。今回のシンポジウムは森下徹教授(山口大学)、森野正弘准教授(山口大学)のコーディネートとご尽力により、ケンブリッジ大学のブリギッテ・シテーガ准教授(社会人類学、日本研究)をお招きし、「電車内での居眠り」という日常実践から生成される時間的・空間的公共秩序の容貌についてご講演いただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会は、岡正朗山口大学長による開会の挨拶、森下教授による講師の略歴紹介、シテーガ先生のご講演という次第で進められました。

公共空間とりわけ電車での仮眠という現代日本社会固有の時間習慣がはらむ社会的意義と機能が、儀礼論・ジェンダー論・フレーム論など文化人類学・社会学的視点から重層的かつあざやかに導出されていくご講演に、参加された約100名の聴衆の方々は熱心に聞き入っていました。

講演の後には、エムデ・フランツ教授、坪郷英彦教授、エリザベス・ケニー准教授、ベン・グラフストロム助教も登壇しパネル・ディスカッションが行われました。ディスカッションでは、他の相互不干渉的な公共内実践(電車でのケータイ依存)や他の公共的空間・時間(学校の授業など)での居眠りとの比較可能性、あるいは覚醒・不眠を志向する欧米的でハイ・ブラウ的な価値体系との対照性など、パネリストの専門や経験に即しつつ、睡眠と公共性という問題にまつわる示唆に富む議論が繰り広げられました。

会場からの質疑応答の終了後、睡眠(仮眠)という視点が時間論とりわけ人文社会科学領域での時間研究にとって

学術的豊饒性についてシテーガ先生から改めて総括いただき、会は盛況のうちに閉じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7回大会および公開シンポジウムは、下記の日程で開催されました。

たくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。

日時:2015年6月6日(土)- 7日(日)
場所:山口大学 大学会館 (山口県山口市吉田1677-1)

日本時間学会第7回大会

6月7日(土)AM    自由報告 【セッションⅠ】

PM    日本時間学会 理事会

時間学公開学術シンポジウム

情報交流会

6月8日(日)AM    日本時間学会 総会

PM   【セッションⅡ】【セッションⅢ】

 

<時間学公開学術シンポジウム>
「宇宙と人間と時間」

 我々はどこから来たのか、そしてどこへ行くのか───── この問いに一つの答えを与えてくれるのが天文学です。現代の天文学が明らかにした宇宙像では、100億年を超える時間の中で星と星間物質が壮大な循環をなしており、私たちはその一瞬に位置する存在とされています。また物質循環の行きつく先であるブラックホールでは、日常の感覚を超えた時間と空間の姿が現れます。宇宙と人間と時間の関わり合いをテーマにして、第一線で活躍する研究者が研究の最前線を分かりやすく紹介しました。


日時:6月6日(土)14:00~17:00OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場:山口大学 大学会館(山口市吉田1677-1)
講演:

 ○『宇宙の中の物質の循環』

  藤沢 健太 (山口大学時間学研究所・教授)

 ○『宇宙における生命と系外惑星の新世界』

  田村 元秀(東京大学・教授、国立天文台・太陽系外惑星探査プロジェクト室)

 ○『ブラックホール宇宙における時間の流れ』

  嶺重 慎(京都大学大学院理学研究科)

 ○『星の最後の大爆発の瞬間』

  諸隈 智貴 (東京大学天文学教育研究センター)

      シンポジウムのイントロダクシOLYMPUS DIGITAL CAMERAョンとして、藤沢教授が宇宙と時間の基本的知識を概説しました。

      田村元秀先生 は、近年、太陽以外の恒星の周りに2,000個近い惑星が見つかっており、天文学で使う望遠鏡は時間軸を移動して過去や将来に相当する天体を調べることの出来るいわゆるタイムマシンとも言え、時間と深い関係があることを説明、嶺重慎先生は、ブラックホールと時間にまつわる興味深い話を解説しました。

     また、諸隈智貴先生 は、超新星爆発を起こすまでの星の一生から、その爆発の瞬間を捉えるための最新の天文観測を動画放映しながら解説しました。

     会場からは、専門家レベルの質問が相次ぎ、講師陣も驚きを隠せませんでした。100億年を超える時間の中で、宇宙と人間の関わり合いについて活発な発言・討論が行われました。

続いての情報交流会では、辻会長の挨拶のあと、乾杯の音頭を植村恒一郎理事がつとめ、会場の山口大学の学食きららにて、会員相互の親睦を深めました。

 〈第7回 大 会 発 表〉

大会初日は、辻正二学会長および開催校として

甲斐昌一時間学研究所長の挨拶のあと、2日間にわたる大会発表がありました。

大会発表の詳細はこちら → タイムテーブル 

 

【時間学国際セミナーを開催】

 

日本時間学会では、山口大学時間学研究所と共催し、平成27年8月10日(月)に国際時間学会会長のチューリッヒ大学文学部日本学教授シュタイネック・ラジ先生をお迎えし

「時間学の学際的研究課題-海外における時間研究の現在」をテーマにセミナーを開催し、学内の時間学関係者をはじめ日本時間学会の会員らも各地から参加しました。

 

まず、ご自身の研究分野である日本思想史から見た時間の理論のあり方を紹介し、海外においても領野横断的な時間研究を目指す動きが活発化していること、

しかしながら現状では個別研究の林立にとどまり、学際的アプローチが十全に達成されているとはいいがたいこと、また、事態をブレークスルーするためには、時間概念の洗練化が必須であることの

3点を指摘されつつ、主観的・社会的な時間と客観的・物理的な時間、名目論的な時間概念と実在論的な時間概念という二項対立を揚棄し

学際的研究に向けた新しい時間コンセプトを構築するための刺戟的なアイデアをご提示されました。

 

またセミナー終了後の懇談会では、ご自身が会長を務めておられる「国際時間学会:ISST」の活動について出席者からも質問が及び、

同じ問題意識を共有する参加者が多かったこともあり、質疑応答では、理系・文系の枠組みを超えた時間研究の進め方を中心に活発な議論が行われました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 講演中のシュタイネック・ラジ 国際時間学会 会長

 

セミナーを主催した甲斐昌一山口大学時間学研究所長や辻正二日本時間学会長とも、今後の研究連携について積極的な意見が交わされ、

「時間学研究」の国際的拠点化に向けたさらなる研究活動への取り組みが一層期待されます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 参加者との記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

日本時間学会
会員
各位

お世話になっております。

学会員の河本信雄先生(元東芝未来科学館副館長)より
8月9日に佐賀大学で行われる標記フォーラムのご案内がありました。

ご興味のある方は是非ご参加頂きます様どうぞよろしくお願い致します。

詳細はこちらのポスターをご参照ください。世界遺産登録記念フォーラムチラシ_最終版

日本時間学会事務局
平田

日本時間学会
会員各位

大暑 第三十六候
大雨時行(たいうときどきにふる))
会員の皆様に於かれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、以前よりお知らせしておりますが、

国際時間学会(ISST)会長シュタイネック・ラジ教授が山口大学時間学研究所にて

セミナーを開催致しますので下記ご案内申し上げます。

万障お繰り合わせのうえご参加くださいます様よろしくお願い致します。

時間学国際セミナー

「時間学の学際的研究課題―海外における時間研究の現在」

日時:平成27年8月10日(月)14時00分~17時00分
会場:山口大学吉田総合研究棟3Fフォーラムスペース
対象者:学内外の時間学関連研究者および学生・時間学に興味のある一般の方
主催:山口大学時間学研究所
共催:日本時間学会
講師:シュタイネック・ラジ先生
(チューリッヒ大学文学部日本学教授・国際時間学会(ISST)会長)
セミナー内容:時間の理論のあり方と日本思想史について言及したうえに、
時間の学際的な研究の課題と海外における時間研究の現在、
併せてご自身が会長を務めておられる国際時間学会の活動などについてお話し頂きます。

詳細につきましてはポスターをご覧ください。

時間学国際セミナー ポスター

**********************************************************************

参加ご希望の方は、ご一報くださいますと幸甚に存じます。

日本時間学会事務局
平田

会員各位

暦は立夏、第二十候、蚯蚓出(みみずいずる)。

会員の皆様に於かれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

 

さて、先だっても皆様にお知らせしました通り、

国際時間学会(International Society For The Study Of Time)の

シュタイネック・ラジ会長(チューリッヒ大学文学部東洋学科長・日本学教授)より

来年度にエジンバラ大学で開催される大会への参加の打診が日本時間学会の会員に宛てて来ております。

参加にご興味のある会員様がいらっしゃいましたら、是非ご検討ください。

会期:2016年6月26日(日)~7月2日(土)

会場:イギリス エジンバラ大学

Sixteenth Triennial Conference  Time’s Urgency

発表申込みおよび英文アブストラクト(300単語)の提出期限:2015年6月30日(火)

(締切が迫っております、お急ぎください!)

国際時間学会では、文系以外にも自然科学系の参加者を歓迎しています。

日本時間学会会員の積極的な参加を期待します。

国際時間学会(ISST)については下記URLをご参照ください。
http://www.studyoftime.org
論文募集の文書はネットで、こちらのページにアクセスできます
http://www.studyoftime.org/ContentPage.aspx?ID=5

応募のページはこちらです:
http://www.studyoftime.org/forms/confsubmit.aspx

何かご質問等がございましたら、事務局までお問い合わせください。

日本時間学会事務局

平田

 

 

 

 

 

日本時間学会

会員 各位

お世話になります。

GW連休が終わって大学や職場へ戻られた方も多いと思いますが

皆様はどんなお休みをお過ごしでしたでしょうか?

 

さていよいよ、今年度の大会が近付いて参りました。

第7回大会の詳細が決定しましたのでお知らせ致します。

学会ニューズレターH27年度2号

第7回大会お知らせ号はこちら→平成27年2号

 

今年も皆様のご参加を楽しみにしています。

学会事務局

 

平成27年4月15日(水)~17日(金)の期間、英国ケンブリッジ大学で開催された、

WORKSHOP:  ‘TIMING DAY AND NIGHT TIMESCAPES  IN  PREMODERN JAPAN’       に出席してきました。

AT:  University of CAMBRIDGE  Department of East Asian Studies    Fuculty of Asian and Middle Eastern Studies.

DSCN0207

 

 

 

Professor MORISHITA (Yamaguchi-University)

研究会のポスターはこちら→Timescapes Poster RevA

 

日本時間学会からは、森下徹教授(山口大学教育学部)と学会事務局の平田博子が参加しました。

研究会は、江戸以前の日本人の時間意識が、様々な時代を変遷してどのように形成されたかを日本の文学や文献から読み解き、深くアプローチする内容となっていました。

研究会を主宰する、ケンブリッジ大学東アジア中東研究科のBrigitte Steger先生の呼びかけに、Zurich大学、FUBerlin、Sofia大学、Orleans大学、Bucharest大学、Florida State大学など世界中から研究者が参加し、3日間、熱い議論が繰り広げられました。

森下教授は、Timing City life in Edo Japan のテーマで、江戸大名屋敷における時間規律を、毛利藩と鳥取藩の比較を交えて講演し、参加者からの質問に丁寧に答えていました。   また平田は、Time Research Activities in Japanと題して山口大学時間学研究所の研究活動および日本時間学会について説明をしました。

DSCN0204

 

 

 

 

HIROKO HIRATA (Yamaguchi University )

研究会のプログラムはこちら→Timescapes Workshop Programme

アブストラクトはこちら→Timescapes Workshop Abstracts

他の発表でも、源氏物語、枕草子や方丈記、土佐日記などの一節が飛びかい、PPTに映し出された古文書を読みあげる外国人研究者の姿には大変驚かされました。

最終日のディスカッションでは、国際時間学会(ISST)のRaji Steineck会長からも、研究者のネットワークを構築するとともに、日本時間学会や山口大学時間学研究所のメンバーとの研究協力を進めていく提案がなされました。因みに来年度の世界大会は英国エジンバラ大学での開催ということで、是非日本からも参加してほしいとの要請がありました。Raji会長は今年の夏、日本を訪問する際、山口大学へお立ち寄りになりたいということですので、再会を楽しみにしています。

また、山口大学時間学研究所では、日本時間学会との共催企画として、ケンブリッジ大学のBrigitte Steger先生を時間学国際シンポジウム2015のメインスピーカーとして山口大学へお招きし、12月19日にはご著書「世界が認めたニッポンの居眠り」をテーマに一般の方へ向けた基調講演をして頂くことになっています。併せて前日の12月18日にはケンブリッジ大学でお会いした、秋田大学のBen Grafstrom先生や関西外語大のElizabeth  Kenney先生も駆けつけ、文学と歴史学から見た日本人の時間意識をテーマにした研究会を森下教授の企画で開催する予定となっています。

研究会に関心のある会員の方、是非ご参加ください。

日本時間学会では、ケンブリッジ大学および国際時間学会との連携を強化し、国際学会へのステップを諮る大変良い機会となりました。

 

Time workshop group

 

 

 

 

上:各国から集まった研究者たちと記念写真   下:Kings collage

Kings collage JPG

 

 

会員各位

早いもので、立春を過ぎ第三候魚上氷(うおこおりをいずる)の頃、

皆様におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

 

さて、今年の学会開催についてお知らせ申し上げます。

 

開催日:平成27年6月6日(土)~7日(日)

会 場:山口大学 大学会館(山口市吉田1677-1)

日 程:1日目 6月6日(土)

AM 自由報告【セッションⅠ】

PM 日本時間学会理事会

時間学公開学術シンポジウム

情報交流会

2日目 6月7日(日)

AM 日本時間学会総会

PM 【セッションⅡ】【セッションⅢ】

 

発表申込み:平成27年3月10日(火)

要旨締切:平成27年4月20日(月)

 

詳細は事務局までお問い合わせください。

今年もたくさんの会員のご参加をお待ち申し上げております。

日本時間学会事務局

 

 

 

 

 

日本時間学会会員

各位

新年明けましておめでとうございます。

本年も変わらぬご厚情を賜りますようどうぞよろしくお願い致します。

 

さて、ケンブリッジ大学から標記研究会のご案内がありました。

下記ご参照のうえ、参加をご検討頂ければ幸いです。

開催日時:2015年4月15日(水)~17日(金)

会場:ケンブリッジ大学 Faculty of Asian and Middle Eastern Studies, Room 8 &9

発表要旨の提出期限:1月23日(金)

詳しくは添付ファイルをご覧ください。

Workshop ‘Timing Day and Night: Timescapes in Premodern Japan’

Timescapes_WS2015_CfP27112014

 

研究会の内容に相応しい発表をお考えになっておられましたら、

事務局まで至急ご連絡賜りますよう

どうぞよろしくお願い致します。

 

日本時間学会事務局

平田

 

Dear colleagues,

 

I hope this finds you well. You might have already seen the information about the planned workshop ‘Timing Day and Night: Timescapes in Premodern Japan’ (April 15-17 2015 in Cambridge) on various mailing lists and forums, but I wanted to take the opportunity to invite you personally.

 

I am attaching the CFP with the relevant information. Should you be interested in giving a presentation, the deadline for abstracts will be January 23. The workshop is open to the public and everyone is warmly welcome to attend.

 

Should you have any queries, please do not hesitate to contact me.

 

Best wishes and on this occasion also a Happy New Year 2015!