会員各位

日本時間学会第10回記念大会は無事に閉幕致しました。

会期中2日間に渡って、全国各地よりお集まり頂いた会員の皆様、

本当にありがとうございました。

心より御礼申し上げます。

大会終了後、理事の植村恒一郎先生より、珠玉のエッセイを頂戴しましたので

皆様にご披露したいと存じます。

 

******************************************************************

日本時間学会の面白さ

日本時間学会理事 植村恒一郎

 

私は今、千葉大学で行われた日本時間学会・第10回大会が終わって、帰宅する電車の中にいる。例年そうなのだが、今年もまたとても面白く充実した学会だった。私は10年にわたって1回をのぞくすべての学会を聴講してきたが、なぜこの学会は面白いのか、そして「時間」をテーマにする学問とはどういう特徴があるのか、ちょっと考えてみた。

まず、記念講演やシンポジウムがとても充実していることは言うまでもない。テーマは毎回、天文学、生物学、スポーツ医学、実験心理学など多岐にわたっており、それぞれの分野で最先端の話題が、今それに取り組んでいる日本の第一線の研究者によって語られる。今回は、「世界の標準時と原子時計最先端」の講演もあった。通常、研究者でも他分野の学会を聞くことはできないし、聞いても専門的すぎて分らないことが多い。しかし本学会のシンポは違う。細部は別としても話のポイントは分かるし、何よりもめちゃ面白い。その理由は、語り手が一流の学者だからというだけではなく、「時間」という問題が各分野で問題となるその在り方が、その分野の科学の通常のコンテクストを超えざるをえないため、学者自身が自分の専門科学的コンテクストを超えて、一般性のある言葉で語らざるをえないという点にあることに、今回、気が付いた。つまり、専門科学者が自分の専門科学コンテクストを超えなければ、問題そのものを語れないのだ。これは、素人向けに分かりやすく啓蒙的に話すということではない。たとえば、今回の原子時計の講演で初めて知って驚いたのは、最近のノーベル物理学賞には原子時計がらみの受賞者が異様に多いことである。なぜなのか。それは、より精密な時間が測れることで、まったく新しい探究と応用の分野が次々に生み出されるからである。時計の精度が二桁増すことは、それ自体がノーベル賞に値する仕事なのだ。「時間」が科学に関与するとはこういうことなのかと、私は驚嘆した。日本時間学会には、学者だけでなく、セイコーなど時計会社の専門家もいるからこそ、この講演が実現したことがとても嬉しい。

シンポ以外の一般研究発表についても、発表者が、専門科学的なコンテクストを超えることがしばしばおこる。その結果、それぞれの分野の学会にも参加している私たちは、自分の専門学会に比べると、日本時間学会の発表は、どこか「ざっくり」していて、何となく「素人くさい」と感じることがある。しかしそれは、日本時間学会の欠点ではなく、逆に、大きな利点と美徳でもあるのだ。というのは、時間が各分野で問題になる仕方は、それぞれ大きくコンテクストが違うので、発表者は誰もが、自分の専門科学コンテクストを前提に問題を立て、それを疑わずに研究を進め、発表する。しかし実際は、発表者自身がそれと意識しないまま、探究の過程でそのコンテクストを超えてしまっていることが多い。問題の捌き方が「ざっくりした」り「素人くさく」なったりする理由はそこにある。専門領域のコンテクストとタームだけでは、問題が捌けないのだ。発表の直後、会場から素朴で意外な質問が出て、発表者自身が「いや、それは考えてもみませんでした」と自らのコンテクストの狭さに、初めて気が付くことも多い。通常の専門学会では、質問と討論は、細部の事柄についての技術的なやり取りになることが多いのだが、そこが違う。

「時間」は、人間の生存そのものに深く関わる普遍的な主題である。だから「時間」が各分野で現われる姿は、それだけ多様であらざるをえない。「時間」を真に問題化するためには、専門家は、自分の専門的コンテクストの相対的位置を知るために、そのコンテクストの外に出て「素人」にならなければならない。私は哲学が専門であるが、師であった哲学者・大森荘蔵は、私の院生時代にこう言っていたのを思い出す。「君たちは、学会で、素人的な素朴な質問を聞くと、「無知だな、トンチンカンだな」と専門家的優越感を感じるでしょうが、素人の質問をバカにしてはいけません。専門家の質問よりも本質を突いた問いであることが多いのです」。「時間」をめぐる学際的な探究は、専門家もまたいったんは「素人」の視点に、つまり生活世界の立場に立たざるをえない。日本時間学会の面白さと素晴らしさは、まさにそこにあると思う。

************************************************************************

 

学会員 各位

小満 紅花栄(べにはなさく)

日ごとに上昇する気温に合わせ、万物の成長が著しい時期です。

畑の麦は大きく穂を実らせ、草木の緑も色濃くなって、

あらゆる生命が天地に位置始める季節となりました。

 

さて、学会第10回記念大会(千葉大学)まで2週間を切り、

事務局では準備に慌ただしい毎日を過ごしています。

大会に参加される皆様にスケジュールのご案内を申し上げます。

大会スケジュールと地図

 

また、学会発表のタイム・テーブルが決定していますので

併せてお知らせ致します。

発表タイム・テーブルH30年度xlsx – コピー

 

会員の皆様もご友人などお誘いのうえ、お気軽にお越しください。

多くの参加者を期待しています!

学会事務局

 

 

 

穀雨 第十六候 葭始生(あしはじめてしょうず)

枯草だった野山が緑の色に変わって、春の山菜採りにも熱が入ります。

朝掘り筍や、おすそ分けの若芽にあしらって、旬を味わうこの頃です。

 

さて、時間学公開学術シンポジウムおよび特別講演の

ポスターが出来ましたのでお知らせ致します。   ⇊


チラシ裏面はこちらをクリック!    チラシ裏面

学会員 各位

いよいよ、今年度の大会まで2か月となり、事務局も準備に忙しい

毎日です。

先週、会員の皆様には、学会ニューズレター第10回記念大お知らせ号を

メール配信致しました。

 

日本時間学会ニューズレターH30年4月 

 

今年は記念すべき第10回大会でもありますし、2012年の立教大学開催以来の

関東地区開催となりますので、多くの会員の方のご参加を期待しております。

また、今年は、一般に広く開放する時間学公開学術シンポジウムおよび

時間学特別講演会など知的好奇心を刺激する2つの企画がありますので

時間学に関心のある方やお友達などもお誘い合わせのうえ、

是非お気軽にご来場ください。

なお、1日目のシンポジウム後の情報交換会では、

現在1次審査が進んでおります、「学会ロゴマークコンテスト」の

授賞式も行います。みなさん一緒にロゴマーク誕生をお祝いしましょう!

 

皆様と会場でお会いできますのを楽しみしております!

学会事務局

日本時間学会

会員各位

清明 第十四候 鴻鴈北(こうがんかえる)

冬を過ごした雁が北国へと去っていきます。

春になってツバメが今年も巣を作る場所を探して飛ぶ姿が

見られるようになり、いよいよ始まる新しい季節に心躍ります。

 

さて、国際時間学会(ISST)のダニエラ・タン Executive Secretary 様より

来年ロサンジェルスで開催されるISST第17回大会について、登録延長のご案内がありましたので

お知らせ致します。

*************************************************************************

Dear Members of the ISST

Please find attached the extended cfp for the 2019 Triennial ISST Conference at Loyola Marymount University in Los Angeles.
We have received strong proposals for the Conference theme “Time in Variance” – and we’re excited for those yet to come.

The new and final deadline will be April 30, 2018.

Yours sincerely
daniela tan

Daniela Tan, PhD
Research Fellow, Japanese Literature
Executive Secretary of the International Society for the Study of Time

Department of Japanology
Institute of Asian and Oriental Studies – East Asian Studies
Zurich University
Zurichbergstr. 4 /CH-8032 Zurich
+41 (0)44-634-4091

*********************************************************************

ISST のHPはこちらへ → http://www.studyoftime.org/

 

ロサンジェルス大会のお知らせはこちらから ↓

なお、日本時間学会と山口大学時間学研究所が協力して
ISST2019年のロサンジェルス大会へ参画し、ひとつのパネルセッションを
企画しております。
個人的に、ISSTロサンジェルス大会への参加・発表をお考えの方は
事務局 平田 までご相談ください。

応募者の皆様へ

日本時間学会ロゴマークデザインコンテストへご応募いただき

誠にありがとうございました。

本日到着分までエントリーを終えましたので謹んでお知らせ致します。

なお応募者総数は568名、約800点におよぶ珠玉の作品がエントリーされました。

 

早速、専門家による厳正なる審査を経て

5月上旬には受賞者に通知のうえ、6月の大会で発表後、
授賞式の模様と合わせて、学会HP上にて報告致します。
 
なお、授賞式は平成30年6月9日(土)日本時間学会第10回記念大会
(千葉大学)にて行います。
  
今後とも、日本時間学会の活動にご指導ご鞭撻の程
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
日本時間学会ロゴマーク選定審査委員会事務局

 

 

 

 

今年も時間学会の大会のアナウンスの時期になりました.

本年の大会は,第10回の記念大会となります.例年,「時の記念日」である6月10日に近い日程で大会期日を設定しておりますが,本年はその「時の記念日」を含む6月9日,10日の2日間にわたって千葉市の千葉大学西千葉キャンパスで開催されます.会場となる西千葉キャンパスは私自身の職場でもありますが,JR総武線西千葉駅の目の前にあり,関東圏からのアクセスがしやすい場所です.羽田空港や成田空港からのアクセスもしやすい場所ですので,是非,多くの会員に参加していただければと考えております.

今回の第10回大会では,会員の皆様による一般発表のほか,特別企画として公開学術シンポジウムと特別講演が予定されています.一般発表では,前回大会に引き続き,口頭発表の他,ポスター発表も選択できる形式で開催いたします.ポスター発表では,発表者とオーディエンスが直接に議論できる形式ですので,特に他の参加者からの多様なコメントを得たい発表者には有効な形式と思います.参加者同士の交流の場としても積極的に利用していただければと考えております.

今回の公開学術シンポジウム『心的時間の諸特性とその基礎-時間はどのようにして体験されているのか?-』は,私自身の企画によるものです.心的時間特性に関する気鋭の研究者である山本健太郎先生(九州大学),四本裕子先生(東京大学),林隆介先生(産業技術総合研究所)の御三名に話題提供いただく予定です.また,昨年度の時間学公開学術シンポジウムに引き続き,山口大学時間学研究所の寺尾将彦先生にも指定討論者としてご協力いただく予定です.私たちが体験する時間がどのような特性を持っているのかに関して,最新の研究成果が紹介,解説されるものと期待しています.

大会2日目の特別講演では,国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)理事の細川瑞彦先生に,「世界の標準時と原子時計最先端」というタイトルでのお話を願いしております.極限まで正確さを追求した時計開発の最先端と私たちにとっての時間に関して考える材料を得られる機会になるものと思います. なお,この特別講演はセイコーホールディングス株式会社様に協賛していただいております.このような形での特別講演の開催も新しい試みです.

さらに,今年の大会が第10回の記念大会ということで,それに合わせた様々な企画も準備されております.第1に,学会誌『時間学研究』に掲載された論文の中から論文賞を選出し,表彰する予定です.第2に,学会のロゴマークデザインのコンテストを開催しております.こちらも応募作品の中から今後日本時間学会で使用するロゴマークを選出し,表彰する予定です.これらの表彰は,1日目夕方の懇親会で執り行う予定で,多くの方々のご協力のもと,準備を進めているところです.会員の皆様と,千葉大学西千葉キャンパスで開かれる第10回大会でお会いすることを楽しみにしております.

日本時間学会会長,第10回大会実行委員長 一川誠

啓蟄 第七候 蟄虫啓戸(すもごりむしとをひらく)

地中で冬籠りをしていた虫たちが、早春の光を浴びて

一斉に這い出してくる様子です。

今年は特に冬が長く感じられましたが、季節はもうそこまで

春の足音が聞こえそうです。

 

さて、学会理事でもあり、山口大学時間学研究所の所長でもある、

藤澤健太教授より番組のご案内がありましたのでお知らせ致します。

**********************************************************************

本日3月8日夜10時からNHK教育テレビで放送される、

「モーガン・フリーマン 時空を超えて」という番組で

シリーズ最終回 『時間を遡ることはできるのか?』という放送があります。

この日本語版を私が監修しましたので、お知らせします。

45分間の放送に7人も研究者が登場して自説を紹介するという,

たいへん濃い内容です。(藤澤健太)

 

*************************************************************************

番組HPはこちらから ↓

http://www4.nhk.or.jp/P3452/

私たちは時間の中を前に進み、時をさかのぼることは出来ないと思っている。しかし、もし過去に戻ってすでに起きた出来事に干渉し、現在を書き換える事ができるとしたら?

アインシュタインが唱えた相対性理論によれば、現在・過去・未来という時間の区別は、単なる幻想に過ぎず、全ての時間は既に存在しているという。もし全ての時間が同時に存在するなら、未来をのぞくことが可能になる?一方、同じ物理学でも量子物理学の世界では、未来が過去に影響を及ぼす現象が見られるという。また、タイムトラベルを可能にしようと研究する科学者もいる。現在・過去・未来の正体とは…?時間の不思議に迫る!

 

さて、時間を遡ることはできるのでしょうか?

是非ご覧ください。

学会事務局

 

学会員各位

学会理事で「時の研究家」としても著名な織田一朗先生が

明日、3月1日(木)放送の、NHK教養番組、「視点・論点」に出演されます。

 

人間との関係を考えながら5000年の時計の進化、最新の時計技術を解説されるそうです。

放送時間は、

NHKG   4時20分

ETV  13時50分

それぞれ10分間の番組です。

どうぞご期待ください!!

 

視点・論点

月~金 午前4時20分~午前4時30分

月~金 午後1時50分~午後2時(再)

各界の有識者や専門家が、世相や時代の潮流を読むオピニオン番組。国内外の諸問題をはじめ、科学・文化・現代芸術などテーマは多岐にわたります。さまざまな視点、さまざまな論点で “今”を見つめます

 

雨水 第五候 霞始靆(かすみはじめてたなびく)

春になると大気中に水滴や細かな塵が増え、霧や霞が見えるように

なります。

歳時記では、霧は秋の季語、春に出る霧を霞と呼び、

夜の霞を朧(おぼろ)と呼ぶそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Mt.キナバル上空より)

 

さて、今年の時間学公開学術シンポジウムの概要が纏まりましたので

ご案内させて頂きます。

 

***********************************************************************

時間学公開学術シンポジウム
『心的時間の諸特性とその基礎』-時間はどのようにして体験されているのか?-

日時:平成30年6月9日(土)15:00~

会場:千葉大学文学部棟101講義室

◎コーディネーター:一川誠(千葉大学)

◎講師:山本 健太郎(九州大学大学院人間環境学研究院)

「心的時間における認知的基盤」

◎講師:四本 裕子(東京大学総合文化研究科)

「時間知覚と脳内ネットワーク」

◎講師:林  隆介(産業技術総合研究所システム脳科学研究グループ)

「視覚情報の階層的な処理とその時間的統合について」

◎指定討論者:寺尾 将彦(山口大学時間学研究所)

 

【シンポジウム概要】

時間は,空間とともに,人間感性の基本的次元とみなされています.時間のない状態を体験することは難しいことでしょう.このことも,時間が私たちの主観的体験にとって特別な意味を持つことを示しています.

しかしながら,私たちの知覚認知系は,時間の長さや事象の生起した時点など,時間的な諸特性についての一義的な情報を得ているわけではありません.私たちは,一定のペースで正確に時を刻む時計のような身体的過程を持っていません.そのため,ある瞬間とそれに続く別の瞬間に得られる体験の間の時間間隔や,その都度の事象の生起した時点について,正確に知ることはできません.実際,時間の長さや時点に関する知覚はしばしば事象の実際の時間的特性と異なることがあり,これは錯覚と呼ばれています.

こうした時間に関する錯覚は,体験される時間の特性は,不規則に決まるのではなく,様々な要因に対応して,ある程度規則的に決定されていることを示しています.そのため,時間に関する錯覚にある「規則性」の中に,我々の知覚認知系がどのように時間を体制化しているのかを理解する上での手掛かりが隠されているものと考えることができます.

体験される時間の規則的な「間違い」から,知覚系による時間についての体制化の戦略について解明しようとする試みが行動科学的手法を用いる心理学や神経科学において進められています.今回のシンポジウム企画では,こうした分野において主導的研究を行っている3名の研究者に,心的時間の一般的特性と,最近の研究動向について紹介していただきます.本企画を通して,時間に関する体験はどのように形成されるのか,我々にとっての時間とは何かについての議論を深めることができればと考えています.(一川誠)