学会員各位

学会理事で「時の研究家」としても著名な織田一朗先生が

明日、3月1日(木)放送の、NHK教養番組、「視点・論点」に出演されます。

 

人間との関係を考えながら5000年の時計の進化、最新の時計技術を解説されるそうです。

放送時間は、

NHKG   4時20分

ETV  13時50分

それぞれ10分間の番組です。

どうぞご期待ください!!

 

視点・論点

月~金 午前4時20分~午前4時30分

月~金 午後1時50分~午後2時(再)

各界の有識者や専門家が、世相や時代の潮流を読むオピニオン番組。国内外の諸問題をはじめ、科学・文化・現代芸術などテーマは多岐にわたります。さまざまな視点、さまざまな論点で “今”を見つめます

 

雨水 第五候 霞始靆(かすみはじめてたなびく)

春になると大気中に水滴や細かな塵が増え、霧や霞が見えるように

なります。

歳時記では、霧は秋の季語、春に出る霧を霞と呼び、

夜の霞を朧(おぼろ)と呼ぶそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Mt.キナバル上空より)

 

さて、今年の時間学公開学術シンポジウムの概要が纏まりましたので

ご案内させて頂きます。

 

***********************************************************************

時間学公開学術シンポジウム
『心的時間の諸特性とその基礎』-時間はどのようにして体験されているのか?-

日時:平成30年6月9日(土)15:00~

会場:千葉大学文学部棟101講義室

◎コーディネーター:一川誠(千葉大学)

◎講師:山本 健太郎(九州大学大学院人間環境学研究院)

「心的時間における認知的基盤」

◎講師:四本 裕子(東京大学総合文化研究科)

「時間知覚と脳内ネットワーク」

◎講師:林  隆介(産業技術総合研究所システム脳科学研究グループ)

「視覚情報の階層的な処理とその時間的統合について」

◎指定討論者:寺尾 将彦(山口大学時間学研究所)

 

【シンポジウム概要】

時間は,空間とともに,人間感性の基本的次元とみなされています.時間のない状態を体験することは難しいことでしょう.このことも,時間が私たちの主観的体験にとって特別な意味を持つことを示しています.

しかしながら,私たちの知覚認知系は,時間の長さや事象の生起した時点など,時間的な諸特性についての一義的な情報を得ているわけではありません.私たちは,一定のペースで正確に時を刻む時計のような身体的過程を持っていません.そのため,ある瞬間とそれに続く別の瞬間に得られる体験の間の時間間隔や,その都度の事象の生起した時点について,正確に知ることはできません.実際,時間の長さや時点に関する知覚はしばしば事象の実際の時間的特性と異なることがあり,これは錯覚と呼ばれています.

こうした時間に関する錯覚は,体験される時間の特性は,不規則に決まるのではなく,様々な要因に対応して,ある程度規則的に決定されていることを示しています.そのため,時間に関する錯覚にある「規則性」の中に,我々の知覚認知系がどのように時間を体制化しているのかを理解する上での手掛かりが隠されているものと考えることができます.

体験される時間の規則的な「間違い」から,知覚系による時間についての体制化の戦略について解明しようとする試みが行動科学的手法を用いる心理学や神経科学において進められています.今回のシンポジウム企画では,こうした分野において主導的研究を行っている3名の研究者に,心的時間の一般的特性と,最近の研究動向について紹介していただきます.本企画を通して,時間に関する体験はどのように形成されるのか,我々にとっての時間とは何かについての議論を深めることができればと考えています.(一川誠)

学会員各位

本年度大会の概要が決定いたしましたので皆様にお知らせ致します。

日時:平成30年6月9日(土)~10日(日)

会場:千葉大学西千葉キャンパス(大学本部)http://www.chiba-u.ac.jp/

千葉市稲毛区弥生町1-33

スケジュール:

6/9(土)

AM   開会 セッションⅠ ポスター発表

PM      理事会 総会 時間学公開学術シンポジウム

『心的時間の諸特性とその基礎』-時間はどのようにして体験されているのか?-

情報交換会 日本時間学会ロゴマークデザインコンテスト授賞式

6/10(土)

AM     セイコーホールディングス株式会社協賛による時間学特別講演会

「日本標準時と原子時計、光格子時計」(仮題)

講師 : 細川 瑞彦 先生(国立研究開発法人 情報通信研究機構・理事)

PM      セッションⅡ セッションⅢ

 

の予定です。

今年度は時間学特別講演が2日目にあるため、総会を1日目の

午後に開催致します。

なお、シンポジウムおよび特別講演会の詳細につきましては

決定次第HP、学会ニューズレター(配信版)でお知らせ致します。

 

また、セッションⅠ、Ⅱ、Ⅲ、ポスターセッションのエントリーの締切は 4月1日、

アブストラクトの提出は4月20日(金)とさせて頂きます。

 

多くの学会員のご参加をお待ちしております。  (学会事務局)

 

立春 第三候 魚上氷(うおこおりをいずる)

早いもので、季節は一巡し、立春となりました。

今年は、日本列島各地が大雪に見舞われ、春の息吹を感じられるのは

まだまだ先になりそうです。

さて、

学会ニューズレターを発送いたしました。

既に会員の皆様のお手元に届いているかと思います。

ニューズレターに関して、何かご意見やアイディアなどありましたら

ご遠慮なく事務局までお知らせください。

記事にご協力いただいた皆様本当にありがとうございました。

学会事務局