日本時間学会

会員各位

清明 第十四候 鴻鴈北(こうがんかえる)

冬を過ごした雁が北国へと去っていきます。

春になってツバメが今年も巣を作る場所を探して飛ぶ姿が

見られるようになり、いよいよ始まる新しい季節に心躍ります。

 

さて、国際時間学会(ISST)のダニエラ・タン Executive Secretary 様より

来年ロサンジェルスで開催されるISST第17回大会について、登録延長のご案内がありましたので

お知らせ致します。

*************************************************************************

Dear Members of the ISST

Please find attached the extended cfp for the 2019 Triennial ISST Conference at Loyola Marymount University in Los Angeles.
We have received strong proposals for the Conference theme “Time in Variance” – and we’re excited for those yet to come.

The new and final deadline will be April 30, 2018.

Yours sincerely
daniela tan

Daniela Tan, PhD
Research Fellow, Japanese Literature
Executive Secretary of the International Society for the Study of Time

Department of Japanology
Institute of Asian and Oriental Studies – East Asian Studies
Zurich University
Zurichbergstr. 4 /CH-8032 Zurich
+41 (0)44-634-4091

*********************************************************************

ISST のHPはこちらへ → http://www.studyoftime.org/

 

ロサンジェルス大会のお知らせはこちらから ↓

なお、日本時間学会と山口大学時間学研究所が協力して
ISST2019年のロサンジェルス大会へ参画し、ひとつのパネルセッションを
企画しております。
個人的に、ISSTロサンジェルス大会への参加・発表をお考えの方は
事務局 平田 までご相談ください。