時間学国際シンポジウム2018「中世日本の時間意識」:通称TIMEJが山口大学時間学研究所にて開催されました。

2018年8月1日から8月3日、山口大学吉田キャンパスにおいて、チューリッヒ大学と山口大学時間学研究所の協同主催(共催:日本時間学会)のもと、時間学国際シンポジウム2018「中世日本の時間意識」が開催されました。

この企画は、チューリッヒ大学のシュタイネック教授のERC(欧州研究会議)採択プロジェクトhttps://cordis.europa.eu/project/rcn/210241_en.html

https://www.aoi.uzh.ch/en/institut/forschung.html

の一環として、昨年9月にチューリッヒ大学で行われたキックオフシンポジウムに続く第2弾の研究会となりました。

中世日本社会で時間がどのように表象・知覚・経験されていたのかについての多角的検討を目途としたこのシンポジウムには、日本思想・歴史学・日本文学など多様な分野の研究者25名が国内外から参集し、3日間にわたって発表と討議を実施しました。

プログラムは「暦」「兵学」「朝廷と武家」「村落」「宗教」「身体」「市場」という7つのテーマから構成され、各テーマごとに発表と指定討論者によるコメント、ならびに全体的討議を行う、という形式でシンポジウムは進められました。

なお日本側のコーディネーターには、日本時間学会の会員でもある、森野正弘先生(山口大学)、細井浩志先生(活水女子大学)にご担当、ご尽力をいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シンポジウムの報告書はこちらから ⇒      報告書 時間学国際シンポジウム2018:TIMEJ

時間学国際シンポジウム2018TIMEJメンバー表はこちら ⇊

Japanese Name Family name First name
1 チューリッヒ大学 アマン・フローニ AMMANN Vroni
2 ハイデルベルグ大学 アンドレーワ・アンナ ANDREEVA  Anna
3 チューリッヒ大学 片岡耕平 KATAOKA Kôhei
4 Florida State University ブールマン・クリスティーナ BUHRMAN Kristina
5 チューリッヒ大学 チョルチャーロ・アレクサンドラ CIORCIARO Alexandra
6 チューリッヒ大学 ステーへリン・エティエヌ STAEHELIN Etienne
7 チューリッヒ大学 シュタイネック・ラジ STEINECK Raji
8 チューリッヒ大学 陳 ダニエラ TAN Daniela
9 Gent大学 コッホ・アンゲリカ KOCH Angelika
10 チューリッヒ大学 ミュラー・シモーネ MÜLLER Simone
11 皇學館大学 坂東洋介 BANDÔ Yôsuke
12 東京大学 頼住光子 YORIZUMI Mitsuko
13 東北大学 佐藤弘夫 SATÔ Hiroo
14 神田外語大学 上野太祐 UENO Taisuke
15 山口大学 エムデ・フランツ EMDE Franz
16 佛教大学 星優也 HOSHI Yûya
17 活水女子大学 細井浩志 HOSOI Hiroshi
18 京都工芸繊維大学 小山恵美 KOYAMA Emi
19 山口大学 真木隆行 MAKI Takayuki
20 山口大学 右田裕規 MIGITA Hiroki
21 山口大学 森野正弘 MORINO Masahiro
22 國學院大學 斎藤菜穂子 SAITÔ Nahoko
23 東京大学 桜井英治 SAKURAI Eiji
24 保健医療経営大学 辻正二 TSUJI Shoji
25 埼玉学園大学 湯浅吉美 YUASA Yoshimi

*************************************************************************

チューリッヒ大学プロジェクトチーム一行は、シンポジウムに先立ち、平成30年7月29日(日)には山口入りし、それぞれ市内湯田温泉の旅館にチェック・イン。

7月30日(月)午前には山口大学時間学研究所を訪れ、代表のシュタイネック教授とミューラー先生が、藤澤健太所長の案内のもと、岡正朗山口大学長を表敬訪問しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同日午後からは、大学図書館学習室に於いて院生研究交流会が開催され、研究に関連する研究方法論の紹介などが行われました。院生交流会は7月31日(火)の午前中にも行われ、真木悠介著『時間の比較社会学』を読むと題して、第3章 の時間意識の四つの形態の輪読などが行われ、チューリッヒ大学の院生と山口大学の院生との研究交流が実現しました。


また、初めて山口を訪れたメンバーは雪舟庭、サビエル記念聖堂、瑠璃光寺五重塔などを見学し、山口市の歴史や文化に大変興味を持ちました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8月1日(水)チューリッヒ大学主催の夕食会:山口地ビールレストラン ⇊

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8月3日(金)最終日に行われた交歓会 ⇊

 

交歓会席上で、日本時間学会一川誠会長からのメッセージが読み上げられました。

メッセージはこちら→日本時間学会長 御挨拶文