立春 第二候 黄鶯眼睆(うぐいすなく)

暦は一巡し、立春となりました。

時折、柔らかい風とともに届く清々しい梅の香りに、春の訪れを待ち焦がれる日々です。

DSC_2251

 

さて、今年度の長崎大会の初日に行われる、

大会キーノートレクチャーのご案内を申し上げます。

今年度は、大会長の一川誠先生のご登壇に続きまして、

長崎大会実行委員長の細井浩志先生のお二人によるレクチャーが予定されています。

まず、一川誠会長のキーノートレクチャーについてのご案内です。

恐怖を感じた時などにスローモーションで物事が展開するように見える現象の基礎について、学生と調べた実験研究成果について紹介します。なお、今年度はISST理事の参加もございますので、英語での発表となります。

***************
キーノートレクチャー2020 長崎大会
発表者:一川誠(日本時間学会会長・千葉大学教授)
タイトル:恐怖の瞬間,心的時間の流れはゆっくりになるのか?:「タキサイキア現象」についての心理物理学的検討

交通事故などで強い恐怖感情が生じた際,目の前の自体がスローモーションのように展開しているように感じるという報告がしばしばなされる.これは「タキサイキア」と呼ばれる心的現象である.こうした「スローモーショの知覚」が生じている時,視覚処理の時間的精度の上昇が生じていることが期待されてきた.ただし,大胆な方法でこの問題を検討した先行研究は,こうした「スローモーション知覚」は強い感情の喚起に基づく記憶の精緻化によるもので,視覚処理の時間的精度の上昇は生じないと主張された.私たちの研究グループでは,より精確な測定が可能な心理物理学的な方法を用いて,感情や注意の喚起によって視覚処理の時間的精度が上昇するのか検討してきた.これまで得られた実験では,強い感情や内発的注意の喚起によって,視覚処理の時間精度が向上することが示されてきている.最新の実験結果を紹介するとともに,その基礎にある過程や,こうした現象が持つ潜在的可能性について英語で解説する.

略歴:
1994年大阪市立大学文学研究科後期博士課程修了.博士(文学).学術振興会特別研究員(1994-1995),York UniversityでのPostdoctoral Fellow(1995-1997),山口大学工学部講師・助教授(1997-2006),千葉大学文学部助教授・准教授(2006-2013)を経て,現在,千葉大学人文科学研究院教授.山口大学時間学研究所客員教授.人間の知覚認知過程や感性の特性についての実験心理学的研究に従事.日本心理学会,日本基礎心理学会,日本視覚学会,日本感性工学会,日本認知心理学会,日本時間学会,日本写真学会,Vision Sciences Society,Association for Research in Vision and Ophthalmology各会員.2016年より日本時間学会会長.

 

******************************************************
Keynote lecture 2020 Nagasaki
by Makoto Ichikawa (President of The Japanese Society for Time Studies)

Title:Does time really slow down during a frightening experience?

:a psychophysical study for tachypsychia phenomenon.

Abstract :

The strong frightening emotion is often described in anecdotal reports, which imply that subjective time slows during life-threatening situations, such as car accidents. This slowing down experience is called “tachypsychia phenomenon“. One may expect that the temporal acuity of the visual processing is improved by strong emotion. However, a previous study with a concise methodology claims that the time-slowing in terms of strong emotion is caused not by improvement of temporal acuity of the visual processing, but by the increment of recalled events based on strong emotion. We conducted several experiments to examine whether temporal acuity is improved due to strong emotion evoked by viewing a picture, or endogenous attention evoked by cue presentation, by the use of orthodox psychophysical methods. Our results suggest that the minimum duration with which observer could notice the image change in viewing a picture was improved by strong emotion and endogenous attention. We will discuss the basis for improvement of the temporal acuity in visual processing.

 

Profile:

Makoto Ichikawa is a professor, Department of Psychology at Chiba University, Japan. He received his Ph. D. in psychology from Osaka City University in 1994. He worked as a postdoctoral research fellow at Centre for Vision Research, York Univerisity, Canada (1995-1997), and faculty of Engineering, Yamaguchi University, Japan (1997-2006). He has been a visiting professor at Research Institute of Time Study, Yamaguchi University, Japan (2011-present). His areas of interest include spatial and temporal aspect of human perception, cross modal processing in perception and cognition, and plasticity in perception and cognition. He is a member of Japanese Psychological Association, Japanese Psychonomic Society, Vision Society of Japan, Japan Society of Kansei Engineering, Japanese Society for Cognitive Psychology, Japanese Society for Time Studies, Society of Photographic Scieence and Technology of Japan, Vision Sciences Society,and Association for Research in Vision and Ophthalmology. He has been a president of The Japanese Society for Time Studies since 2016.

 

皆さまのご参加を期待しています!

Comments are closed.

Post Navigation