会員各位

暦は立夏、第二十候、蚯蚓出(みみずいずる)。

会員の皆様に於かれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

 

さて、先だっても皆様にお知らせしました通り、

国際時間学会(International Society For The Study Of Time)の

シュタイネック・ラジ会長(チューリッヒ大学文学部東洋学科長・日本学教授)より

来年度にエジンバラ大学で開催される大会への参加の打診が日本時間学会の会員に宛てて来ております。

参加にご興味のある会員様がいらっしゃいましたら、是非ご検討ください。

会期:2016年6月26日(日)~7月2日(土)

会場:イギリス エジンバラ大学

Sixteenth Triennial Conference  Time’s Urgency

発表申込みおよび英文アブストラクト(300単語)の提出期限:2015年6月30日(火)

(締切が迫っております、お急ぎください!)

国際時間学会では、文系以外にも自然科学系の参加者を歓迎しています。

日本時間学会会員の積極的な参加を期待します。

国際時間学会(ISST)については下記URLをご参照ください。
http://www.studyoftime.org
論文募集の文書はネットで、こちらのページにアクセスできます
http://www.studyoftime.org/ContentPage.aspx?ID=5

応募のページはこちらです:
http://www.studyoftime.org/forms/confsubmit.aspx

何かご質問等がございましたら、事務局までお問い合わせください。

日本時間学会事務局

平田

 

 

 

 

 

Comments are closed.

Post Navigation