立春 第一候 東風解凍(はるかぜこおりをとく)

日本の美しい四季、折々の豊かな季節は一巡し、明日立春の日を迎えます。

かつて日本では月の満ち欠けを基準とする太陽暦が用いられていましたが

太陽暦では太陽の位置と暦の日付にずれが生じるため生活に必要な季節感を補うため

「二十四節気」が役立っていたそうです。

また、二十四節気のひとつひとつをさらに三区分し、季節の風物を表現したのが

「七十二候」です。こちらは五日単位でその季節の特徴的な自然現象を意味する名前が

付けられています。

明日の立春で、二十四節気が始まり、季節は寒さも峠を越えて春に向かいます。

旧暦ではお正月です。

今日のお昼休みに出雲大社山口分院の節分祭に行って来ました。

皆様にとっても良い一年になりますよう、無病息災を祈願して参りました。

出雲大社出雲大社 梅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注連縄も結構立派です。

紅梅も青空に映えています。

 

 

 

 

Comments are closed.

Post Navigation