日本時間学会
会員 各位
 
春分 第十一候 桜始開 (さくらはじめてひらく)       
 
日本各地からの桜の便りが待ち遠しい今日この頃、
会員の皆様に於かれましては、益々ご清祥のことと
お慶び申し上げます。
 

さて、

日本時間学会ニューズレターH29年第1号(4月1日号)をお送り致します。

平成29年度第1号 大会お知らせ号4月1日発行

今号は、第9回大会の開催案内号となっております。

今大会は、山口大学時間学研究所との共催として、公開学術シンポジウム、並びに、特別講演を予定しており、
詳細については添付ニューズレターをご高覧頂けましたら幸いです。
 

なお、一般演題およびポスター発表のエントリーをお考えの方はお急ぎください。

口頭発表は持ち時間お一人、20分(発表+質疑)です。
ポスター発表は1日目の昼食休憩時間、および2日目の休憩時間等を利用して発表頂きます。
 

本学会の年次大会は、「時間」に関連する自由な研究発表の場となっておりますので、お気軽にエントリーしてください。

但し、発表内容や要旨が学会趣旨にそぐわないと判断された場合は発表をお断りすることがあります。
予めご了承頂きます様宜しくお願い申し上げます。
 

ご不明な点やご質問等ありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

今年は山口で、皆様とお会い出来ますのを心より楽しみにしております。
 

日本時間学会事務局

平田

Comments are closed.

Post Navigation