穀雨 第十六候 葭始生(あしはじめてしょうず)

枯草だった野山が緑の色に変わって、春の山菜採りにも熱が入ります。

朝掘り筍や、おすそ分けの若芽にあしらって、旬を味わうこの頃です。

 

さて、時間学公開学術シンポジウムおよび特別講演の

ポスターが出来ましたのでお知らせ致します。   ⇊


チラシ裏面はこちらをクリック!    チラシ裏面

Comments are closed.

Post Navigation