学会誌・投稿案内

2011年4月に学会誌創刊号が刊行されました。バックナンバーはJ-STAGE(リンク)で閲覧が可能です。
(学会設立以前に刊行の『時間学研究』1-3巻より雑誌名称が引き継がれています)

日本時間学会では、学会誌『時間学研究』への投稿論文を募集しております。会員の皆様の積極的な投稿をお待ちしています。

* 投稿は原則として日本時間学会の会員に限ります。
* その他、編集および投稿規程の詳細につきましては、下記の規定をご覧ください。

日本時間学会会誌編集および投稿規定
(平成21年7月20日施行)

編集規定
1.『時間学研究』は日本時間学会が刊行する会誌で,時間学に関する論文・報告文などを掲載する.
2.刊行は原則,年1回とする.
3. 投稿原稿の受付・保管・編集業務及び受理(原稿掲載)の決定は,編集委員会が行う.
4. 編集委員会は, 日本時間学会理事2名と会長が委嘱する数名の委員をもって組織する.
5. 編集委員会は,受け付けた原稿について,それが完全原稿であり,投稿規定に定めた書式の不備がないことを確認し,受け付けた旨を著者に連絡する.
6. 原稿は原則として,掲載の可否について,編集委員会が選定した査読者の審査を受ける必要がある.
7. 編集委員会は原稿について,査読者の審査意見に従って,著者に修正を求めることができる.
8. 編集委員会によって,原稿内容が掲載にふさわしくないと判断された場合は,その理由と共に著者に通知する.
9. 編集委員会は掲載適当と認めた場合,受理年月日を記録して,著者に連絡する.
10. 本誌に掲載された論文の著作権は,日本時間学会に帰属するが, 著者は自身の著作物や教育目的に自由に使用できるものとする.

投稿規定
1. 投稿資格
原則として本会会員に限る.

2.投稿原稿の種類
①会員が投稿する時間学に関する研究論文
② 編集委員会が会員または非会員に依頼した論文
③時間学に関する国内外の関連学会の情報記事
④時間学に関する情報記事

3. 投稿の手続き
原稿は完全原稿とし, 原則として未発表かつ他誌に投稿していないものとする。 執筆要項に沿ってコンピュータソフトを用いて作成し,原稿(図表等を含む)の電子ファイルを, 編集委員会へメールの添付書類にて提出する. 念のため,書式付テキスト形式(RTF形式)で保存したファイルも添付する. メールで送信できない場合には,プリントアウトした原稿1部(図表等を含む)とそれらのファイルを保存したCD-ROMなどを編集委員会へ送付する.

4. 執筆要項
a.本文
・電子ファイルのフォーマットは、A4版用紙に1行40字×30行(横書き)で,周囲に十分な余白を設ける.
・1ページ目に、タイトル(和文と英文),著者名,所属を記入する.
・論文には和文要旨(600字以内)及び英文要旨を付ける.
・1編に割り当てられる量は,図表を含めて,刷り上がりで20ページまでとする.
・ 右上にページ番号を付ける.
・ 注は文末注とし, (1)(2)(3)……のように付ける.
・ 引用文献については、下の例を参照する.
著者名 刊行西暦年(例 2009) 論文名 編者名(編著などの場合) 雑誌名・号数等もしくは書名 出版社名(著書の場合)
b. 図および表
・ 図・表は1図ごと,1表ごとに,別紙に作成する.
・ 図・表の原稿には,1枚ごとに,本体からなるべく離して,著者名,図・表番号を明記する.
・ 図・表の説明文は,図・表とは別紙にまとめて書く.
・ 図・表は,原則白黒とする.
・ 図・表の量は十分に吟味し,その総量は総印刷ページの50%以下が望ましい.
・ 特殊な印刷の場合は, 印刷費用を著者に負担して貰うことがある.

原稿の送付先
〒753−8511  山口市吉田1677−1
山口大学時間学研究所内 日本時間学会
『時間学研究』 編集委員会
TEL: 083-933-5848
E-mail: mail@timestudies.net

*その他不明な点も,上記連絡先にご連絡下さい.