学協会

日本時間学会は日本学術会議協力学術研究団体です。

ここでは日本学術会議からのニュースをお知らせいたします。

 

 

======================================================================

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.613 ** 2017/9/28

======================================================================

≪目 次≫

 

・【開催案内】日本学術会議主催学術フォーラム

「乳幼児を社会科学的に分析する:発達保育実践政策学の深化」

 

・【開催案内】平成29年度共同主催国際会議

「第18回世界肺癌学会議(WCLC2017)」の開催について

 

■——————————————————————–

【開催案内】日本学術会議主催学術フォーラム

「乳幼児を社会科学的に分析する:発達保育実践政策学の深化」

——————————————————————–■

 

・日時:平成29年10月22日(日)13時00分~17時00分

 

・場所:日本学術会議講堂

 

・主催:日本学術会議

 

・開催趣旨:

本企画は、日本学術会議第22期マスタープラン教育学分野の「学術の展望」

に基づき提出した大型重点研究計画「乳児発達保育実践政策学研究教育推進

拠点の形成」に基づく提案です。近年、社会科学において研究の進展が著しい、

乳幼児に関する大規模データを用いた分析の知見をご紹介し、さまざまな研

究分野の専門家で議論を深めます。

 

・次第:

13:00~13:05 開会の挨拶

大桃 敏行(日本学術会議連携会員、学習院女子大学国際文化交流学部教授)

13:05~13:15 企画趣旨説明

村上 祐介(東京大学大学院教育学研究科准教授)

13:15~15:15 話題提供

司会 村上 祐介

「保育園通いは子供の発達にどんな影響?大規模調査からのエビデンス」

山口慎太郎(東京大学大学院経済学研究科准教授)

「日本の幼児教育の収益率の推計(仮)」

赤林 英夫(慶應義塾大学経済学部教授、

同こどもの機会均等センターセンター長)

「低体重出生―原因と帰結―」

野口 晴子(早稲田大学政治経済学術院教授)

15:15~15:30 休憩

15:30~16:50 指定討論

大沢 真理(日本学術会議連携会員、東京大学社会科学研究所教授)

遠藤 利彦(日本学術会議連携会員、東京大学大学院教育学研究科教授)

村上 祐介

山口慎太郎

赤林 英夫

野口 晴子

16:50~17:00 閉会の挨拶

遠藤 利彦

 

・定員:先着280名(参加費 無料)

 

・お申込み:下記サイトの申込フォームよりお申込みください。

http://www.cedep.p.u-tokyo.ac.jp/

定員になり次第締め切らせていただきますので、御了承ください。

 

・アクセス:東京メトロ千代田線「乃木坂駅」下車、

5番出口(青山霊園方面)より徒歩1分

 

・問合せ先:

日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当

〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34

電話:03-3403-6295

 

 

■——————————————————————–

【開催案内】平成29年度共同主催国際会議

「第18回世界肺癌学会議(WCLC2017)」の開催について

———————————————————————■

 

会 期:平成29年10月15日(日)~10月18日(水)[4日間]

場 所:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)

 

日本学術会議及び第18回世界肺癌学会議組織委員会が共同主催する「第18回世界

肺癌学会議(WCLC2017)」が、10月15日(日)より、パシフィコ横浜で開催されます。

 

この度の第18回世界肺癌学会議(WCLC2017)では、『Synergy to Conquer Lung Cancer』

をメインテーマに肺癌の基礎研究、臨床研究、禁煙等の社会疫学的研究、肺癌の

サバイバーシップ等について研究発表と討論が行なわれることになっております。

 

本会議には100カ国以上の国と地域から7,000人近くの参加者が見込まれています。

 

この会議を日本で開催することは、肺癌学における我が国のプレゼンス・

研究水準の高さを改めて国内外に強く印象付ける絶好の機会となるとともに、我が国の

この分野の科学者が世界の多くの科学者と直接交流する機会を与えることとなります。

 

また、一般市民を対象とした市民公開講座として、10月15日(日)に

「喫煙・受動喫煙と肺癌」が開催されることとなっております。

関係者の皆様に周知いただくとともに、是非、御参加いただけますよう

お願いいたします。

 

第18回世界肺癌学会議(WCLC2017)・第58回日本肺癌学会学術集会 共催

市民公開講座

「喫煙・受動喫煙と肺癌」

日 時:平成29年10月15日(日)14:00~16:00

会 場:パシフィコ横浜 アネックスホール

 

※内容等の詳細は以下のホームページをご参照ください。

○国際会議公式ホームページ

(http://wclc2017.iaslc.org/)

○市民公開講座案内

(http://conference.haigan.gr.jp/58/public-seminar.html)

 

【問合せ先】日本学術会議事務局参事官(国際業務担当)付国際会議担当

(Tel:03-3403-5731、Mail:i254@scj.go.jp)

 

 

======================================================================

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.612 ** 2017/9/22

======================================================================

 

■——————————————————————–

【開催案内】平成29年度共同主催国際会議

「第12回アジア・オセアニア核医学会および第7回アジア核医学技術学会」

———————————————————————■

 

会 期:平成29年10月5日(木)~10月7日(土)[3日間]

場 所:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)

 

日本学術会議及び一般社団法人日本核医学会、特定非営利活動法人日本核医

学技術学会が共同主催する「第12回アジア・オセアニア核医学会および第7回

アジア核医学技術学会」が、10月5日(木)より、パシフィコ横浜で開催さ

れます。

 

この度の第12回アジア・オセアニア核医学会および第7回アジア核医学技術

学会では、『アジア・オセアニアの核医学の明るい未来に向けて』をメインテ

ーマに研究発表と討論が行なわれることになっております。

 

本会議には41カ国以上の国と地域から3,500人近くの参加者が見込まれて

います。

 

この会議を日本で開催することは、核医学における我が国のプレゼンス・研

究水準の高さを改めて国内外に強く印象付ける絶好の機会となるとともに、我

が国のこの分野の科学者が世界の多くの科学者と直接交流する機会を与えるこ

ととなります。

 

また、一般市民を対象とした市民公開講座として、10月7日(土)に

「教えて!宇宙で活動する技術、放射線が見せる世界」が開催されることと

なっております。

関係者の皆様に周知いただくとともに、是非、御参加いただけますよう

お願いいたします。

 

第12回アジア・オセアニア核医学会および第7回アジア核医学技術学会

市民公開講座

「教えて!宇宙で活動する技術、放射線が見せる世界」

日 時:平成29年10月7日(土)14:00~16:00

会 場:パシフィコ横浜会議センター3階301

 

※内容等の詳細は以下のホームページをご参照ください。

○国際会議公式ホームページ(http://www2.convention.co.jp/aocnmb2017/

○市民公開講座案内

http://www.city.yokohama.lg.jp/bunka/kancon/jisedai/kakuigaku.html

 

【問合せ先】日本学術会議事務局参事官(国際業務担当)付国際会議担当

(Tel:03-3403-5731、Mail:i254@scj.go.jp)

 

 

 

======================================================================

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.611 ** 2017/9/15

======================================================================

≪目次≫

・【開催案内】公開シンポジウム

「アジアの地域協力の発展に向けて―不安定化をどう克服するか」

 

・【開催案内】

日本学術振興会・大阪大学 共催シンポジウム

Research for Tomorrow’s Society, Tomorrow for Younger Researchers

人文学・社会科学研究振興に向けた制度設計・活用のこれから

 

■——————————————————————–

【開催案内】公開シンポジウム

「アジアの地域協力の発展に向けて―不安定化をどう克服するか」

———————————————————————■

 

◆日 時:平成29年9月21日(木) 13:00~15:00

◆場 所:青山学院大学総合研究所ビル12階大会議室(国際会議場)

(東京都渋谷区渋谷4-4-25)

◆主 催:日本学術会議地域研究委員会

アジアの地域協力の学術的ネットワーク構築分科会

◆参加費:無料

◆開催趣旨:

東アジアの情勢が緊迫の度合いを増してきている。日本学術会議では、23期

(2014-2017)において、人文社会科学の縮小をめぐる議論や、軍事安全保障と学

問についての声明が出される中、第一部全体で日本の学術をめぐる大きな転換点

としての議論が継続されてきた。

 

また地域研究委員会から大型プロジェクトとして「欧州とアジアにおける地域

協働及び歴史的対立関係の修復に向けての総合的共同研究プロジェクト」が採択

され、アジア諸国とくに日中韓との学術連携とデータベース整備の基盤が整いつ

つあり、他方、政治学委員会比較政治学分科会はアジアを中心とする人材育成に

向けて、報告「グローバル化と地方再生のための人材育成―シンクタンク・ネッ

トワーク形成と若者の未来―」を作成した。

 

これらを踏まえ、今期のアジアの地域協力の学術的ネットワーク構築分科会、

地域統合分科会のまとめとして、上記の学術会議の日本と東アジア情勢をめぐる

学術を含む緊迫した動きをどのように受け止めるかを含め、シンポジウムを開催

し、次期24期に引き継ぐこととしたい。東アジア共同体の学術基盤形成委員会に

よる提言を受け引き継ぐ形で形成された分科会の3年間を総括し、ますます緊迫

度を増し重要となってきている東アジアにおいて、日中韓三国協力の実態、欧州

の安全保障をめぐる話し合いの場の組織化により、紛争を防ぎ安定化を目指して

きた制度化の動きを参考にしつつまとめを行う。それにより24期には東アジア

の流動的現状を踏まえながら、可能であれば提言ないし報告を提起する形で引き

継いでいきたい。

 

◆次 第:

13:00 開会挨拶、趣旨説明

羽場 久美子(日本学術会議第一部会員、

青山学院大学大学院国際政治経済学研究科教授)

 

13:05 「日本史から見たアジアの地域共同に向けての課題」

大日方 純夫(日本学術会議連携会員、早稲田大学文学学術院教授)

 

13:25 「前委員会東アジア共同体・アジア地域協力に向けての経緯と課題」

小谷 汪之(日本学術会議連携会員、東京都立大学名誉教授)

 

13:40 「最近の北東アジア情勢と日中韓三国協力の関わり」

岩谷 滋雄(リンガハウス教育研究所理事長、

元外務省日中韓三国協力前事務局長)

 

14:00 「アジア法の過去・現在・未来──植民地支配からPACLへ」

金山 直樹(日本学術会議連携会員、慶應義塾大学法学部教授)

 

14:15 「アジア地域協力の現状と課題―アジアの安全保障の制度化」

羽場 久美子(日本学術会議第一部会員、

青山学院大学大学院国際政治経済学研究科教授)

 

14:30 フロアとの質疑応答

 

14:45 閉会挨拶

 

◆問合せ先

日本学術会議事務局(担当:砂山)

03-3403-5706

 

 

■——————————————————————–

【開催案内】

日本学術振興会・大阪大学 共催シンポジウム

Research for Tomorrow’s Society, Tomorrow for Younger Researchers

人文学・社会科学研究振興に向けた制度設計・活用のこれから

———————————————————————■

 

日本学術振興会は、人文学・社会科学の振興を図ることを目的に、「課題設

定による先導的人文学・社会科学研究推進事業」を進めています。

この度、本事業の一環として、大阪大学との共催によりシンポジウムを開催

しますので、御案内いたします。

日本における人文学・社会科学研究振興の将来像を、制度設計と活用の観点

から考える機会となっておりますので、皆様の御申込をお待ちしております。

 

【開催概要】

日  時:2017年11月8日(水)13:30-17:00 / 終了後、情報交換会

場  所:大阪大学会館講堂(豊中キャンパス)

https://facility.icho.osaka-u.ac.jp/daigaku-hall/access.html

共  催:独立行政法人 日本学術振興会、国立大学法人 大阪大学

参 加 費:無料(情報交換会は会費2,000円)

定  員:先着120名(要事前申込、定員になり次第受付〆切)

参加登録:9月19日(火)10時より、以下のウェブページにて受付

https://www.jsps.go.jp/kadai/symposium/20171108-01.html

 

タイムテーブル:

13:30-13:40 開会

13:40-14:05 基調講演「人文学・社会科学が支持されるには」

(大竹文雄 科学技術・学術審議会学術分科会臨時委員/

大阪大学社会経済研究所 教授)

14:05-14:15 日本学術振興会

「課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業」 概要紹介

(立本成文 「課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進

事業」事業委員会 委員長/人間文化研究機構 機構長)

14:15-15:00 平成25年度「グローバル展開プログラム」採択テーマ成果報告

(大久保規子 大阪大学大学院法学研究科 教授)

(多湖淳   神戸大学大学院法学研究科 教授)

(水島司   東京大学大学院人文社会系研究科 教授)

15:00-15:20 事例報告「大阪大学の人社系研究の組織的展開」

(菊田隆  大阪大学研究オフィス オフィス員/

大阪大学経営企画オフィス 副オフィス長)

(堂目卓生 大阪大学 総長特命補佐/

大阪大学社会ソリューションイニシアティブ設置準備室長)

15:20-15:40 休憩

15:40-16:55 パネルディスカッション

「人文学・社会科学研究振興に向けた制度設計・活用のこれから」

モデレーター:立本成文

パネリスト :大久保規子、多湖淳、水島司、大竹文雄、

吉澤剛(大阪大学大学院医学系研究科 准教授)

16:55-17:00 閉会

17:30-19:00 情報交換会(会費2,000円)

 

【全体問合せ先】

日本学術振興会 研究事業部 研究事業課

E-mail: h-s@jsps.go.jp

TEL: 03-3263-1106、4645

 

【会場・アクセス、当日の問合せ先】

大阪大学 経営企画オフィス URA部門

E-mail: info-ura@lserp.osaka-u.ac.jp

TEL: 06-6879-4817

 

 

 

======================================================================

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.610 ** 2017/9/8

======================================================================

≪目次≫

・【開催案内】公開シンポジウム

<防災推進国民大会2017(仙台)に参加、

2017年11月26日(日)~27日(月)>

 

・【開催案内】日本学術会議近畿地区会議学術講演会

「超スマート社会に向けて- AI(人工知能)やIoT

(モノのインターネット)により私たちの生活はどう変わるか-」

 

■——————————————————————–

【開催案内】公開シンポジウム

<防災推進国民大会2017(仙台)に参加、

2017年11月26日(日)~27日(月)>

(1) 団体別セッション「衛星情報 ・地理情報と防災イノベーション」

11月26日(日)11:30 ~13:00

(2)連携セッション「衛星情報・地理情報を防災に生かそう」

11月26日(日)13:00 ~15:00

(防災減災・災害復興に関する学術連携委員会)

——————————————————————–■

人工衛星は、昼夜を問わず、地球に関する膨大なデータを取得し続けていま

す。人工衛星によるデータは精度を高めつつあり、防災・減災、災害復興の幅

広い分野に活用され始めています。さらに、リアルタイムでの情報提供につな

がる超小型衛星によるオンデマンド観測にも期待が集まっています。また、高

解像度の人工衛星データ、航空写真、地上での観測、災害復旧状況といった災

害に関する様々な時空間的情報を地理情報システム上に重ね合わせて、ハザー

ドマップなどの防災・減災に資する情報や、災害現場の避難、救援、復旧に役

立つ情報を迅速に提供することが可能となってきました。

本シンポジウムでは、日本学術会議地球惑星科学委員会の支援のもと、衛星

情報・地理情報に関する現状と将来計画を紹介するとともに、防災学術連携体

の各学会から、衛星情報・地理情報の利用事例を発表します。

 

 

防災推進国民大会

2017:http://bosai-kokutai.jp/

 

◆日 時:2017年11月26日(日)11:30 ~15:00

 

◆場 所:仙台国際センター

 

◆主 催:日本学術会議 防災減災・災害復興に関する学術連携委員会、

防災学術連携体

 

◆参加費:無料、

 

参加申込みからこちらから→https://ws.formzu.net/fgen/S88109262/

 

(1)団体別セッション「衛星情報 ・地理情報と防災イノベーション」

本セッションでは、衛星情報・地理情報のイノベーティブな活用方法、未知

の分野とのコラボレーションを模索するとともに、防災に関わる学会ネットワ

ークである防災学術連携体に期待される役割についても議論します。

 

プログラム詳細はこちらから

http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/247-s-1126-1.pdf

 

 

協  力:JAXA 国土地理院

司  会:防災学術連携体 事務局長 塚田 幸広

挨  拶:防災学術連携体 代表幹事 廣瀬 典昭

趣旨説明:防災減災・災害復興に関する学術連携委員会 委員長 和田 章

発表学会:日本リモートセンシング学会、地理情報システム学会、日本地図

学会、日本気象学会、日本地球惑星科学連合、日本地すべり学会、

日本集団災害医学会から各代表者

閉  会:防災学術連携体 副代表幹事 依田 照彦

ポスターセッション:

砂防学会、地盤工学会、日本応用地質学会、日本計画行政学会、

日本災害看護学会、日本地震工学会、日本第四紀学会、日本地

理学会

 

 

(2)連携セッション「衛星情報・地理情報を防災に生かそう」

本セッションでは、衛星情報の防災分野での利用事例やイノベーティブな活

用方法を紹介するとともに、地方自治体との連携の可能性、今後の未知の分野

とのコラボレーションの可能性を模索したいと思います。

 

プログラム詳細はこちらから

http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/247-s-1126-2.pdf

 

 

共  催:国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 、国土交通省国土

地理院、内閣府防災担当

協  力:徳島県

司  会:田村和夫 日本学術会議連携会員、千葉工業大学教授

挨  拶:大西 隆 日本学術会議会長、豊橋技術科学大学学長

趣旨説明:米田雅子 日本学術会議会員、防災学術連携体事務局長、

慶應義塾大学特任教授

講演「衛星情報を防災に生かそう(仮)」舘 和夫 宇宙航空研究開発機構

宇宙利用統括

講演「地理情報を防災に生かそう(仮)」村上広史 国土地理院長

ディスカッション

コーディネータ:藤井良一 日本学術会議会員・地球惑星科学委員会副委員長

宇宙航空研究開発機構、国土地理院、徳島県、日本地球惑星

科学連合、地理情報システム学会、日本リモートセンシング

学会から各代表者

 

 

 

■——————————————————————–

【開催案内】日本学術会議近畿地区会議学術講演会

「超スマート社会に向けて- AI(人工知能)やIoT

(モノのインターネット)により私たちの生活はどう変わるか-」

———————————————————————■

 

日本学術会議近畿地区会議は、9月30日(土)に京都大学で学術講演会を

開催します。

スマホ(スマートホン)が身近な存在となり、いまや身の回りの多くの“ モ

ノ” がインターネットにつながる時代が目の前に迫ってきました。そこに人工

知能(AI)が登場し、その高度な判断能力は私たちの社会に計り知れない影響

を与え始めています。

本講演会では“ 超スマート社会” と呼ばれるこれからのネットワーク社会を

俯瞰するとともに、近い将来これらの技術が社会にどのような影響を及ぼし、

私たちの生活はどのように変わっていくのか、専門家とともに一緒に考えて

いきます。 ぜひご参加をお待ちしております。

 

 

◆日時 平成29年9月30日(土) 13:00~17:00

◆場所 京都大学 吉田キャンパス

国際科学イノベーション棟5階シンポジウムホール

◆次第

・総合司会:

東野 輝夫(日本学術会議会員、大阪大学大学院情報科学研究科教授)

・開会挨拶:

梶 茂樹(近畿地区会議代表幹事、京都産業大学現代社会学部教授)

大西 隆(日本学術会議会長)

・趣旨説明:

吉田 進(日本学術会議会員、京都大学特任教授)

・講演:

(1)「超スマート社会を実現するビッグデータ創出技術」

原田 博(京都大学大学院情報学研究科教授 )

(2)「人工知能のもたらしつつあるもの」

西田 豊明(日本学術会議連携会員・京都大学大学院情報学研究科教授)

(3)「自動運転の技術開発とその課題」

木津 雅文(トヨタ自動車株式会社 コネクティッドカンパニー

ITS企画部部長)

(4)「AIは雇用を奪うか」

井上 智洋(駒澤大学経済学部准教授)

・全体討論

「AIやIoTが進展していく生活世界を私たちはどう受けとめたらよいか」

コーディネータ:兵藤 友博(日本学術会議会員、立命館大学教授)

 

・閉会挨拶:

東野 輝夫

 

※詳細は以下をご覧ください。(日本学術会議HPにリンク)

http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/247-s-0930.pdf

 

【問合せ先】

日本学術会議近畿地区会議事務局(京都大学内)

TEL:075-753-2041

 

 

======================================================================

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.609 ** 2017/9/1

======================================================================

 

■——————————————————————–

平成29年度共同主催国際会議「第23回世界神経学会議(WCN2017)」

の開催について

——————————————————————–■

 

会 期:平成29年9月16日(土)~9月21日(木)[6日間]

場 所:国立京都国際会館(京都府京都市)

 

日本学術会議及び第23回世界神経学会議組織委員会が共同主催する

「第23回世界神経学会議(WCN2017)」が、9月16日(土)より、国立京都国際会館で

開催されます。

 

この度の第23回世界神経学会議(WCN2017)では、『Defining the Future of

Neurology』をメインテーマに、神経内科学の診療、教育、研究に関わる最新の成果に

ついて、研究発表と討論が行なわれることになっております。

 

本会議には117の国と地域から7,000人を超える参加者が見込まれています。

 

この会議を日本で開催することは、国際的な研究成果の発表・情報交換の場を

提供し、社会に役立つ神経内科学をアピールし、わが国のみならず急激に発展する

アジアを中心とした世界の神経内科学の発展に大きく寄与するものと期待されます。

 

また、一般市民を対象とした市民公開講座およびPatients Awareness Dayが、

9月3日(日)と16日(土)に開催されることとなっております。

関係者の皆様に周知いただくとともに、

是非、御参加いただけますようお願いいたします。

 

第58回日本神経学会学術大会/第23回世界神経学会議(WCN2017)市民公開講座

「神経難病に挑む-明るい未来に向けて-」

日 時:平成29年9月3日(日)13:00~16:15

会 場:京都大学百周年時計台記念館

 

第23回世界神経学会議(WCN2017) Patients Awareness Day

「患者さんとともに神経疾患を考える」

日 時:平成29年9月16日(土)14:00~16:05

会 場:国立京都国際会館 アネックスホール1

 

※内容等の詳細は以下のホームページをご参照ください。

○国際会議公式ホームページ:http://www.2017.wcn-neurology.com/

○市民公開講座・Patients Awareness Day案内:

https://www.neurology-jp.org/neuro2017/

 

【問合せ先】日本学術会議事務局参事官(国際業務担当)付国際会議担当

(Tel:03-3403-5731、Mail:i254@scj.go.jp)