学協会

日本時間学会は日本学術会議協力学術研究団体です。

ここでは日本学術会議からのニュースをお知らせいたします。

 

======================================================================

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.621 ** 2018/1/12

======================================================================

 

■——————————————————————–

【開催案内】

公開シンポジウム 「第1回フューチャー・デザイン・ワークショップ」

———————————————————————■

 

◆日 時:2018年1月27日(土)12:30-18:30

2018年1月28日(日) 8:30-14:40

 

◆場 所:総合地球環境学研究所(京都市北区上賀茂本山457 番地4)

 

◆主 催:日本学術会議経済学委員会・環境学委員会合同フューチャー・デザ

イン分科会、大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境

学研究所、高知工科大学フューチャー・デザイン研究所

 

◆参加費:無料

 

◆申込み先:総合地球環境学研究所 iwasaki@chikyu.ac.jp (担当・岩崎)

 

◆開催趣旨:

私たちの社会の仕組みの二つの柱は市場と民主制です。市場は「将来世代を

考えて資源を配分する仕組み」ではありません。というのは、将来世代は存在

しないので、残して欲しいものがあってもそれを市場で表明できないからです。

さらには、民主制も、今の人々の利益を実現する仕組みであり、「将来世代を

取り込む仕組み」ではありません。選挙で遠い将来の人々にとって良い政策を

提示したところで、その候補者は当選しないでしょう。つまり、私たちの社会

の仕組みは将来世代の可能性を惜しみなく奪っているのです。

それではどのような仕組みを考えればよいのでしょうか。「今の利得がたとえ

減るとしても、これが将来世代を豊かにするのなら、この意思決定・行動その

ものがヒトをより幸福にする」というヒトの性質を「将来可能性」と呼びまし

ょう。将来可能性を生む社会の仕組みのデザインとその実践を通じて、市場と

民主制を変革する新たな社会の構築を目指すのがフューチャー・デザインです。

フューチャー・デザイン研究を開始した研究者の初めての会合が今回のフュー

チャー・デザイン・ワークショップです。

 

◆講演プログラム等、詳細はこちらをご覧ください。

http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/258-s-1-2.pdf

 

 

■——————————————————————–

【国立国会図書館からの御案内】

国立国会図書館支部図書館制度創設70周年記念

国際シンポジウム「イノベーションと公共部門の役割」

———————————————————————■

 

国立国会図書館は、立法府に属する国立図書館として、支部図書館制度の下

で資料・情報の側面から行政・司法部門を支援しています。国立図書館がこの

ように各部門に置かれた支部図書館と連携して立法、行政、司法の三権へのサ

ービス提供を可能とする制度は、世界的にも例がありません。また支部図書館

制度は、行政・司法部門から生み出される情報を、国立国会図書館への納本を

通じて公衆に提供する重要な役割も担ってきました。

平成30年、支部図書館制度が国立国会図書館の開館とともに70周年を迎え

ます。この機会に、現代社会における公共部門の役割について、イノベーショ

ンにおける官民の境界を超えた相互作用、責任ある研究・イノベーション(RRI)、

イノベーションをめぐる政治経済といった視点から、藤垣裕子東京大学教授、

柳川範之同教授ほか、海外からも第一線の研究者をお招きし、米国、EU(欧州

連合)、北欧の経験も踏まえながら議論します。

英日同時通訳付き、入場料無料です。ぜひご参加ください。

 

■日時

平成30年3月1日(木)14時~17時(13時30分開場)

■会場

国立国会図書館東京本館 新館講堂(千代田区永田町1-10-1)

■プログラム

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20180301symposium.html

■参加費

無料

■申込み方法

国立国会図書館ホームページの参加フォームからお申込みください

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20180301symposium.html

※フォームでのお申し込みは2月9日(金)17時まで。

2月10日(土)以降は、件名を「3/1国際シンポジウム申込」とし

(1)お名前・お名前のヨミ、(2)ご連絡先、(3)その他(登壇者への御質問等ござ

いましたら御記載ください。パネルディスカッションの参考といたします。)

をご記入の上、lecture@ndl.go.jpまでお送りください。

■申込み締切

平成30年2月21日(水)17時

(先着順で定員250名となり次第、受付を終了します。)

■問合せ先

国立国会図書館 総務部支部図書館・協力課協力係

電話:03-3581-2331 メールアドレス:lecture@ndl.go.jp

 

 

======================================================================

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.620 ** 2017/12/28

======================================================================

■——————————————————————–

The Royal Society(イギリス王室協会)より、各賞受賞者推薦について

(ご案内)

——————————————————————–■

 

ロイヤルソサイエティーでは科学者の方々に向けて、以下に挙げる各賞に

ふさわしい方の推薦を募集しています。

 

・コプリ・メダル 生物学(2018年)

・クローニアン・メダル・アンド・レクチャー 生物学

・ベーカリアン・メダル・アンド・レクチャー 物理学

 

応募締切日:2018年1月29日

 

詳細は、以下のURLをご覧ください。

 

・コプリ・メダル

https://royalsociety.org/grants-schemes-awards/awards/copley-medal/

・クローニアン・メダル・アンド・レクチャー

https://royalsociety.org/grants-schemes-awards/awards/croonian-lecture/

・ベーカリアン・メダル・アンド・レクチャー

https://royalsociety.org/grants-schemes-awards/awards/bakerian-lecture/

 

 

======================================================================

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.619 ** 2017/12/1

======================================================================

■——————————————————————–

【再 掲】平成30年度代表派遣会議の推薦募集について(ご案内)

——————————————————————–■

 

平成30年度代表派遣会議の推薦募集を開始致します。

 

日本学術会議では、世界の学界との連携、国際学術団体の運営への参画、学術

に関する動向の把握、研究の連絡並びに情報の収集及び交換等を行うため、外国

で開催される学術に関する国際会議等に学術会議の代表を派遣しています。

 

代表派遣の対象となる国際会議は、当会議が加入している国際学術団体が主催

または共催する総会、理事会等を原則とされるようご留意願います。

 

日本学術会議の代表として参加すべき必要性の高い国際会議がございましたら、

ご所属の委員会委員長または国際学術団体に対応する分科会委員長または世話人

(以下「関係委員長」)へご相談下さい。関係委員長の推薦が必要となります。

 

また、予算をめぐる状況が大変厳しくなっていることや代表派遣を希望する会

議が多くなっていることから、日本学術会議では、ディスカウント・エコノミー

相当のフライト代をご負担させて頂きます。応募多数の際には、ご希望に添えな

い場合もございますので、予めご承知おき下さい。

 

【募集対象会議】

開催初日が平成30年4月1日~平成31年3月31日までの会議

 

【募集期間】

平成30年1月5日(金)正午〆切 [期限厳守・必着]

(※関係委員長(世話人)からの提出の〆切日となります。)

 

【手続き】

申請手続きは、関係委員長からの推薦が必要となりますので、関係委員長ま

でご相談下さい。

 

【過去の代表派遣会議】

http://www.scj.go.jp/ja/int/haken/index.html

 

【日本学術会議が加入している国際学術団体】

http://www.scj.go.jp/ja/int/link_kanyu.html

 

ご質問等ございましたら、下記の問い合わせ先までご連絡下さい。

 

<問い合わせ先>

日本学術会議事務局参事官(国際業務担当)代表派遣担当

TEL:03-3403-5731  FAX:03-3403-1755

E‐mail: kokusaidaihyohaken.group@cao.go.jp

 

 

======================================================================

** 日本学術会議ニュース・メール ** No.618 ** 2017/11/17

======================================================================

≪目次≫

・【開催案内】

「サイエンスアゴラ2017 ~越境する~」11/24(金)~11/26(日)

 

・【開催案内】

日本学術会議中部地区会議学術講演会「ジェンダーと名古屋大学」

 

・ (再お知らせ)

平成32(2020)年度開催共同主催国際会議の申請受付期限について

 

■——————————————————————–

【開催案内】

「サイエンスアゴラ2017 ~越境する~」11/24(金)~11/26(日)

——————————————————————–■

 

日本最大級の科学と社会のオープンフォーラム「サイエンスアゴラ」。

12回目の開催となる今年は、学問分野、立場、国、文化、世代の壁を越えて

ともに考える場を目指して「越境する」をテーマとしました。

11月24日(金)の基調講演では、2006年ノーベル平和賞受賞者で経済学者

のムハマド・ユヌス氏、ガジャマダ大学(インドネシア)前学長のドゥイコリ

タ・カルナワティ氏が、それぞれの越境について語ります。

会場には、人工知能(AI)との共生、SDGsなどの幅広い話題を取り上げた、

市民参加の科学議論、トップ科学者との対話、ワークショップ、展示など誰も

が参加できる150のプログラムが集います。

 

日本学術会議からも、科学と社会委員会ゲノム編集技術と社会に関する検討

分科会から、以下の企画を出展いたします。

皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

 

○「ゲノム編集時代の生殖医療と私たち」

日 時:2017年11月26日(日)13:30-15:00

会 場:東京・お台場 テレコムセンタービル 8階会議室B

(東京都江東区青海2丁目5-10)

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/session/141/

 

 

【そのほかの注目セッション】

■基調講演 ノーベル平和賞ムハマド・ユヌス氏登壇 (11/24)

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/session/135/

■貧困×ジェンダー(11/24)

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/session/136/

■科学で持続可能な未来都市をつくろう!~SDGs達成で変わる世界~(11/24)

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/session/137/

■人工知能(AI)との共生~人間の仕事はどう変化していくのか?~(11/25)

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/session/132/

 

【サイエンスアゴラ全体について】

日 時:11月24日(金)~26日(日) 10:00~16:00(初日は12:45~18:00)

会 場:東京・お台場 テレコムセンタービル

(東京都江東区青海2丁目5-10)

H P:http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/

費 用:入場無料(一部、実費徴収あり)

問合せ先:サイエンスアゴラ2017運営事務局

(一般社団法人日本能率協会 産業振興センター内)

TEL:03-3434-1233(平日の9:00-17:00) E-mail:agora2017@jma.or.jp

 

 

■——————————————————————–

【開催案内】

日本学術会議中部地区会議学術講演会「ジェンダーと名古屋大学」

———————————————————————■

 

◆日時 平成29年11月30日(木) 13:15~16:00

◆場所 名古屋大学 アジア法交流館 2階 アジアコミュニティフォーラム

(名古屋市千種区不老町)

◆内容

・開会挨拶  名古屋大学総長 松尾 清一

 

・主催者挨拶 日本学術会議中部地区会議代表幹事 戸田山 和久

 

・科学者との懇談会活動報告

中部地区科学者懇談会幹事長 松田 正久

 

・講演

「ジェンダー問題に関する日本学術会議の取り組み」

三成 美保(日本学術会議副会長、奈良女子大学副学長)

 

「フィールド研究におけるジェンダー」

竹中 千里(日本学術会議連携会員、

名古屋大学大学院生命農学研究科教授)

 

「ジェンダーと政治,家族を考える」

武田 宏子(名古屋大学法政国際教育協力研究センター教授)

 

・閉会挨拶 (司会)日本学術会議第一部会員、名古屋大学副総長 和田 肇

 

 

※プログラムの詳細は以下をご覧ください。(日本学術会議ホームページにリンク)

http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/251-s-1130.pdf

 

【問合せ先】

日本学術会議中部地区会議事務局(名古屋大学研究協力部研究支援課内)

TEL:052-789-2039

 

 

 

■——————————————————————–

(再お知らせ)

平成32(2020)年度開催共同主催国際会議の申請受付期限について

———————————————————————■

 

本年、10月1日から募集を行っております「共同主催国際会議」の申請に

ついては、11月30日(木)が申請書類提出の締切となっておりますので、ご

留意ください。

 

(以下、10月6日付配信のニュースメール)

日本学術会議では昭和28年度以降、国内の学術研究団体が国内で開催する

国際会議のうち、「学問的意義が高く」、「科学的諸問題の解決を促進する」等、

特に重要と認められる国際会議について共同主催を行うことにより、学術研究

団体への支援・協力を行っています。

この度、平成32(2020)年度に開催される国際会議を対象に、平成29年10

月1日(日)~11月30日(木)まで共同主催の募集を行います。

詳細についてはこちらをご覧ください。

http://www.scj.go.jp/ja/int/kaisai/entry.html

 

※本件問合せ先:日本学術会議事務局 参事官(国際業務担当)付国際会議担当

(TEL:03-3403-5731 FAX:03-3403-1755 Mail:i254@scj.go.jp)