日本時間学会
会員 各位
日本語用論学会メタファー研究会が、3月16日に関西大学にて「時間のメタファー」というタイトルの公開研究大会を開きます。
研究会メンバーによる時間のメタファーに関する発表の後,時間に関する哲学と心理学の立場からの講演と,時間のメタファーに関するシンポジウムが計画されています.
日本時間学会の一川誠会長も、心理学の立場からの時間に関する講演を行う予定です。
このイベントについて,時間学会でも広報してほしいと,イベント幹事の鍋島先生(関西大学)から依頼を受けましたので
学会の皆様にもお知らせ致します。
お近くにお住まいの会員様でご興味のあります方は是非ご参加ください!!
*******************************
今年の3月で2年目に入るメタファー研究会では、下記手順で第2回研究大会を開催したく存じます。

日時:3月16日(木) 9:30-17:00 +懇親会

場所:関西大学(千里山キャンパス)第1学舎1号館(A棟)A601

流れゆく時間。大切な時間。すべてのものに爪痕を立てて餌食にしてく時間。

時間のメタファーに関する各研究発表の後、時間とは何か、という問題に立ち戻って、哲学の観点、心理学の観点から
ご講演いただきます。
その後、時間のメタファー研究で活躍される3人の講師を中心に時間のメタファーに関するシンポジウムを行った後、
発達との関連から一般的にメタファーを論じていただきます。

スケジュール
9:30-10:00 発表 鍋島弘治朗(関西大学)「人工物と時間のメタファー」

10:00-10:30 発表 岩崎真哉(大阪国際大学)「時間概念再考」 (読み原稿代読)

10:30-11:00 発表 大神雄一郎(大阪大学[院])「日本語の時空間メタファーにおける”動き”と”眺め”の表現について」

11:00-12:00 講演 宮原勇(名古屋大学) 「哲学における時間論の系譜」

12:00-13:00 講演 一川誠(千葉大学、時間学会会長)「時間知覚の不良設定問題と錯覚」

14:10-15:50 時間のメタファーに関するシンポジウム

谷口一美 「時間のメタファーを巡る理論的変遷」

本多啓  「時空間メタファーにおける時間概念の多重性について」

篠原和子 「時間メタファーの言語相対性」

コメンテーター 一川誠、宮原勇、今井むつみ

16:00-17:00 講演 今井むつみ(慶応大学)「語彙習得とメタファー」

 参加は無料です。ご希望の方はホームページから申し込みをお願いいたします。

https://sites.google.com/site/metaphorstudy/home/next/2017m-ii

現在、一部要旨が掲載されています。詳細は順次、アップデートしていきますので、皆様ぜひお誘い合わせて春の関西にお越し下さい。

*このメッセージに対するお問い合わせは、spiralcricket@gmail.com までお願いいたします。

時間のメタファー 

———
【日本語用論学会メタファー研究会 事務局】
〒656-2131 兵庫県淡路市志筑1456-4
関西看護医療大学 鈴木幸平研究室内
日本語用論学会 メタファー研究会事務局
Tel/Fax 0799-60-1206 (ダイヤルイン)

鍋島弘治朗 spiralcricket@gmail.com
鈴木幸平<kohei_s_y@hotmail.com>
大神雄一郎(大阪大学[院])<ohsilly49@gmail.com>

Comments are closed.

Post Navigation